鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

吉川『三国志』を再読して発見したこと

吉川英治の『三国志』に熱中した方は多いだろう。かくいう自分も、中学時代にのめりこんだ。父にせがんで、全八巻を買って貰ったのを、いまも覚えている。当時は、それこそ、本が破れそうなくらい再読した。高校時代まで、何度も読んだと思う。全編を読み通すこともあったし、気に入った部分を何度も読んだこともあった。当時のお気に入りは、赤壁の後、劉備が荊州を取って以降、孔明が五丈原で死ぬまである。劉備が亡くなる部分は...

電車とバスの博物館

鉄道をテーマとする博物館が増えている。国鉄分割民営化の後、JR各社は自前の鉄道博物館を持つようになったし、私鉄も自社の車両の保存・展示施設を整備するようになった。最近では、小田急が海老名駅前にロマンスカーを中心とした展示施設を作ることが発表された。電車とバスの博物館は、そうした鉄道系博物館のなかで、歴史は古い方だ。1982年に高津駅構内にできたのが最初で、2003年に現在の宮崎台駅構内に移転した。すでに30年...

ANAがホノルルの空港に自社ラウンジ新設 A380の2階席へ直接搭乗も可

もとはといえば、欲しくもなかったA380型機を、スカイマークを手に入れたいがためにセットで買うはめになり、それをどこに就航させようかというと、ホノルルくらいしか思い当たらず、といった印象の、瓢箪から駒みたいな、ANAのA380型機のホノルル就航。で、A380を就航させるなら、ということで、ANAラウンジをホノルル空港にまで作ってしまうとは。ANAがホノルルの空港に自社ラウンジ新設 A380の2階席へ直接搭乗も可 | 乗りもの...

幼児連れでグリーン車に乗ったら、座席上ランプの色が変わった件

3歳児を連れて、湘南新宿ラインのグリーン車に乗りました。大宮~渋谷間で、普通車だと座れるか不安でしたし、子どもが寝そうだったからです。自由席グリーン車に乗る場合、同伴の幼児は運賃・料金無料です。JR東日本のウェブサイトにも、以下のように記されています。●「幼児」、「乳児」の運賃・料金「幼児」、「乳児」は無料ですが、次の場合は「こども」の運賃・料金が必要です。  (中略)(2)「幼児」「乳児」が1人で指定...

葛西臨海水族館の無料入園日に行って、返り討ちに遭った件

5月4日みどりの日は、都営施設の無料入園日です。 ゴールデンウィークのどまんなか、しかもタダとなれば、混雑は予想されますが、「人でも見に行くつもりで」葛西臨海公園に行ってきました。 葛西臨海水族館がお目当てです。 混んでいたとしても、すぐ出てくればいいや、マグロの大水槽をちらっとでも眺められれば……。 と思って行ったらこれ。   ここから、入園ゲートまでも、まだ100メートルくらいはあるのですが、さ...

オリックスファンが考えるイチローの「実質引退」

イチローが、今季の試合に出ないことが発表されました。イチロー 来春日本開幕戦で復帰も 残りシーズン同行、練習も継続マリナーズと特別アドバイザーの契約を結び、選手としては今季の残り試合は出場しない一方で、球団と生涯契約を結び、来季以降は試合出場も可能になるとのこと。これは実質的に引退に思えてならないのですが、新聞記事を読むと、来期の東京ドームでの開幕戦に特別枠で出て、引退試合にするような印象を受けま...

新聞社崩壊 【ブックレビュー】

紙の新聞を取らなくなった理由は、夜遅くに集金が来るのがいやになったことと、古新聞が溜まるので、捨てるのが面倒になったことだ。しかし、電子版の時代になって、いずれも解消した。クレジットカード支払いができ、古新聞も溜まらない。おまけに旅先でも読めるし、古い記事の検索もできるし、各地の地方版も読める。だから、私は今、日経電子版を愛読している。なんだか宣伝みたいだけれど。『新聞社崩壊』は、新聞社の経営を、...

科学博物館

久しぶりに科学博物館に。子どもに恐竜を見せに行きました。でも、骨だけだと、ちょっとまだイメージが湧かないみたい。個人的には、科学博物館の旧館が好き。レトロな洋館の雰囲気が、どこか懐かしい。...

NHK「絶海!謎と神秘の巨石文明 モアイとイースター島 ~21のミステリーを徹底究明!~」レビュー

イースター島を取り上げた番組はあまり多くありませんし、あっても通りいっぺんのものが多いのですが、今回のNHKの「絶海!謎と神秘の巨石文明 モアイとイースター島 ~21のミステリーを徹底究明!~」は、なかなか面白かったです。イースター島の歴史をひもときながら、行き当たる疑問に一つ一つ答えていくというもの。番組の目玉となるほどの大発見はありませんでしたが、丹念な取材で小さなネタを積み重ねていて、「へえ~知ら...

ふるさと納税の選び方。「コスパ」か「感動」か

ふるさと納税の選び方は2つあります。最近、そう考えるようになりました。「コスパ」で選ぶか、「感動」で選ぶかです。日用品はコスパで選ぶ「コスパ」はわかりやすい基準です。1万円の寄付で、どのくらいの価格の謝礼品をもらえるか。その還元率がはっきり計算できる品物は選びやすいです。たとえば、私はふるさと納税の謝礼品にビールを選ぶことが多いのですが、これはコスパで選びやすい品物です。和歌山県の北山村では、350ml...

あなたへのおすすめ

Top