鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「タイ」のカテゴリを含む記事

タイ。気温41度。

タイである。思えば、久しぶりの途上国への旅行だ。最近、ヨーロッパばっかりだったからなあ。さて、2月下旬のタイといえば、無茶無茶暑い。暑季なのである。そんなことをコロッと忘れていた僕は、とにかく寒い日本から暖かい国に行きたいぞこの野郎、とばかりにタイ行きのチケットを買って、ヤフーの海外天気予報で気温を見て卒倒したのであった。41度である。おいおい。41度ってなんだよ。風呂入っているんじゃないんだよ。...

タイ航空の機内食がまずかった話

かなりまずかった。めずらしいくらいまずかった。チキンとフィッシュ?と聞かれ、チキンを選んだのだけれど、チキンはぱさぱさ、「with noodle」と聞いていたのだけれど、ヌードルではなくてマカロニだった。まあ、マカロニはなんとか食べられたが。付け合わせの野菜の酢の物みたいなのもまずかった。それにしても、成田発でこんなにまずい機内食は久しぶりである。最近のエコノミークラスの機内食は、どの会社も貧相になってはい...

タイの禁煙令のすばらしさについて

驚いたことがある。カンチャナブリーからバンコクへ向かう鈍行列車の3等に乗った。すると、途中から酔っぱらった白人とタイ人女性のカップルが乗ってきて、僕の斜め向かいのボックスシートに陣取った。そして、ビール片手に騒ぎはじめた。白人はだいたい40歳すぎくらいだろうか。肌はかさかさ、髪はぼさぼさ。タイ人女性を連れて旅行。絵に描いたような不良外人。が、驚いたのはそんなことではない。その不良外人が、タバコをく...

バンコクの地下鉄について

バンコクの地下鉄が、地元で不評だという。昨年夏に開業したばかりなのだが、利用は低迷、さらに衝突事故まで発生し、長期運休まで余儀なくされた。それで、最近運行を再開したばかりだという。キャンペーンで運賃まで割り引いている。で、駅に行ってみた。だだっぴろくて、角張った地下駅。雰囲気はヨーロッパだ。欧州企業の建設だな、と思ったが、後で調べると、ドイツ企業が請け負ったらしい。車両はシーメンス製だ。車内はプラ...

バンコクの旅行者交通事情について

僕がバンコクに始めてきたのは1994年である。そのころに比べると、バンコクの交通事情は、もう信じられなくくらい改善された。まず、当時、ドン・ムアン空港から市内へいくだけで大変だった。現在は「エアポートバス」という便利な乗り物があるが、当時はそんなものはなかった。バスは市内バスだけで、到着ロビーから表の大通りのバス停までてくてく歩かないといけなかった。その市内バスで、中心部まで2~3時間。渋滞のひど...

カオサンの交通事情について

さて、しばらく間があいてしまった。ごめんなさい。引き続き、バンコクの交通事情について書きます。どんどん便利になるバンコクの交通事情から取り残されているのが、カオサン地区である。BMS、地下鉄とも、市内中東部に敷かれていて、カオサンのある中西部には来ていない。したがって、カオサンの足は、いまだにバス・タクシー・トゥクトゥクである。そして、BMSも地下鉄も、カオサンに近いラーチャダム通りへの延伸計画は...

カオサンの膨張について

さて、旅行の話に戻る。ここまで、カオサン衰退論を書いてみたけれど、でも現実は、違っている。カオサンは膨張している。それについて書く前に、まずカオサンの現状。こんな感じである。すごい騒がしくなった。昔から騒がしいところだったが、もうなんだか安宿街というよりは、外人向けの繁華街になってしまっている。人通りも夕方になると新宿並みだ。僕は今回、カオサンに夕方に着いた。そのおかげで、宿はどこも満杯で、途方に...

あなたへのおすすめ

Top