鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「旅の技術」のカテゴリを含む記事

湯を沸かして飲む道具(旅の持ち物1)

なんとなく思いつき、旅の持ち物というシリーズを始めます。ホームページにも掲載しております。第1回は、電熱コイルです。このように、コンセント直結のコイルを、そのまま水の中に入れると、水を加熱することができます。貧乏旅行に限らず、旅をしていると、宿の部屋でお湯を沸かせると便利です。お茶も飲めるし、ラーメンだって作れます。湯沸かし器といえば小型ポットが主流ですが、ポットはかさばるので、このコイルがとても...

ミレーのザックの神サポート

愛用のミレー(Millet)のザックが壊れたときに、修理に出したことがあります。10年は使っていて、ショルダーハーネス(背負う部分)が破れてしまったのですね。登山用品店のICIに持っていきました。2週間くらい経って、修理が終わったという連絡があり、引き取りに行き、修理代を払おうとしたところ、「修理代は要らないとのことです」と言われ驚きました。たしかに、ショルダーハーネスはザックの生命線で、それが壊れたとい...

モンベルの寝袋(旅の持ち物2)

先日テレビを見ていると、モンベル(mont-bell)の会長が出演していて、寝袋(シュラフ)を紹介していました。伸縮自在の素材で、寝袋でアグラをかけるものです。これはバックパッカーの旅行にも向いています。安宿のベッドで快適に寝ることができるからです。この寝袋は、U.L.スーパースパイラルダウンハガーという商品です。極地用から夏山用までありますが、バックパック旅行なら夏山用で十分でしょう。サイズを見ると、重さ46...

超軽量シュラフカバー(旅の持ち物3)

バックパック旅行の場合は、寝袋よりもシュラフカバーのほうが便利です。シュラフカバーとは、文字通りシュラフ(寝袋)のカバーのことです。寝袋の外側にかぶせて使います。本来は、寝袋が濡れないようにするためのものです。テント内では結露して濡れることが結構あるからです。ただ、バックパック旅行では、屋外で寝ることはほとんどありませんから、本来の使い方をすることはまずありません。むしろ、屋内で寝袋代わりに使いま...

バックパックの選び方(旅の持ち物4)

海外旅行用のバックパックの選び方は難しいものです。登山用品店にいけばさまざまな種類がありますが、どれを買っていいのか悩む、という方が多いのではないでしょうか。店員に相談しても、登山に関しては詳しいですが、海外旅行のバックパッカー向けとなるとあまり有意義な話は聞けないことが多いようです。僕は最初のバックパック旅行で、登山に利用していた60リットルザックをそのまま持っていったのですが、あまりにも大きく...

海外旅行と短波ラジオと朝日新聞デジタル

インターネットが普及する前、海外旅行中に日本語ニュースを得るのは至難のことだった。欧米の一部の国では、朝日新聞か日本経済新聞の衛星版を手に入れることができたが、値段はとても高かった。たしか、イギリスで300円程度、ドイツで700円程度だったと思う。ドイツでは駅の売店で売っていることもあったが、あまりにも高かったので、遠目で見出しを眺めるだけだった。当たり前だが、新聞1日分に700円も払う気はしない。長期旅...

あなたへのおすすめ

Top