鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2016 10/10

リゾナーレ八ヶ岳に泊まってみた【リゾナーレ子連れ旅行記3】

リゾナーレ八ヶ岳は、中央道小淵沢インターの近くにあります。東京から約150km。子連れで出かけるには、ちょうどいい距離です。運転していても、疲れる前に着けますし。


リゾナーレ八ヶ岳。

リゾナーレ八ヶ岳

ちょうど、ハロウィンのイベントが始まっていました。

開業は1992年。当初はマイカル系の会員制リゾートホテルで、名称は「リゾナーレ小淵沢」といいました。バブルの終わりかけにオープンした、「バブルリゾート」です。

マイカルが破綻した後、2001年に星野リゾートに経営権が移り、いまでは同社を代表するリゾートホテルの一つとなっています。

チェックイン後、ポーターの女性が荷物を部屋まで運んでくれます。ポーターに荷物を部屋まで運んでもらうという経験、久しぶりにしました。大人だけの旅だと、必要ないサービスですが、荷物が多い子連れ旅にはうれしいですね。

ホテルの部屋の様子。

リゾナーレ八ヶ岳の部屋

ベビーガードで囲われたベッドは広々としていて、1歳の息子は大喜びでごろんごろんします。部屋にはブロックが置いてあり、それをつかんでは投げ、つかんでは投げ。

リゾナーレ八ヶ岳の部屋

でも、子どもの手に届く範囲に危険なものはありません。その点はよく配慮されています。

テレビはありますが、地上波のみ。Wi-Fiの電波が弱いのは、要改善点でしょうか。

つづきます。

あなたへのおすすめ

関連記事

リゾナーレ八ヶ岳に泊まってみた【リゾナーレ子連れ旅行記3】

スレッドテーマ : 子連れ旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「波のプール「イルマーレ」に1歳児と行ってみる【リゾナーレ子連れ旅行記4】

前の記事「談合坂サービスエリア「甲州ほうとう 瓦家」の感想【リゾナーレ子連れ旅行記2】

Top