鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2007 01/01

チキンな日々

イエメンでもっともおいしいもの。
といえば、チキンです。
鶏の丸焼きですね。

チキンが特別にうまい、というよりは、ほかにおいしいものがないからなのですが、
それはおいといても、鶏の丸焼きはうまい。

注文するときは、だいたいハーフ、つまり半分を食べます。
で、それをむしりながら食べるわけです。
まず、皮がうまい。
ぱりぱりに焼けて、もうたまらん。
そして、もも肉の脂もいい。
さらに、あっさりの笹身。
自分がどこの肉を食べているのかがわかり、
勉強にもなります。

こちらにきて、もう3羽くらい食べました。
何羽食べたかがわかるのが、おもしろいですね。

それにしても、なんで、鶏の丸焼きって、日本じゃないのだろう?

あなたへのおすすめ

関連記事

チキンな日々

後の記事「イエメン満喫

前の記事「スーク

Top