鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2009 05/09

3時間父島1周 (2009年小笠原紀行7)

早いもので、もう離島日。台風1号が接近していて、雨である。

スクーターで父島一周をするつもりだったが、雨に負けて、風にも負けて、クルマを借りた。トヨタの商用バンだった。

山をぐるっと回り、クルマで行ける南端の小港海岸へ。
父島最大の大河、八ツ瀬川の下流。
ogasa41.jpg

南国っぽい。西表島を思い出す。

ここは、宮の浜。市街地から近いビーチである。
ogasa42.jpg

最後に、三日月山展望台。こんな荒天の日に誰もいないだろう、と思っていたら、二人の女の子が。
ogasa43.jpg

何しているのか?と聞いていたら、鯨を探しているとのこと。
二人はツアー会社の子たちなのである。
で、ここから海をみて鯨を探し、発見したら、ホエールウォッチングをしているボートに連絡する、という仕組みだそうな。
なるほど、それは手をかけているなあ、とは思うが、それよりなにより、こんな荒天でホエールウォッチングも何もないだろう。
休めよ休め、と思うが、せっかく来た観光客は一縷の望みでツアーに出たいだろうし、ツアー会社もかき入れ時を休みたくない、という両者の思惑が一致したのだろう。
小笠原の商業的一面を見た気がしました。はい。

午後2時の船で帰京の途に。

お見送りが、すごい。結構、宿やツアー会社の人が来てくれているようだ。
ogasa44.jpg

ボートでお見送りまでしてくれる。
ogasa45.jpg

このあと、船にのったスタッフが、海にダイブした。
この「お見送りダイブ」は、父島名物だとか。


なかなか楽しかったです。小笠原。
しかし、現地3泊だと、忙しくて楽しめないですね。
今度は現地6泊くらいで、また訪れたいと思います。

(小笠原紀行・了)


よかったら、拍手の一つもしてくださいませ。

あなたへのおすすめ

関連記事

3時間父島1周 (2009年小笠原紀行7)

後の記事「湯を沸かして飲む道具(旅の持ち物1)

前の記事「無人島の捕鯨基地跡 (2009年小笠原紀行6)

Top