鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2009 12/31

西表島へ(2009年八重山紀行6)

海底遺跡を見たら、もう与那国に用はない。さっさと石垣島に飛び、空港からバスで離島桟橋に直行した。

離島桟橋は、八重山諸島に向かう船が発着する港である。
3ca5d7a8.jpg

ここに来るのも、1989年以来である。たしか、大学2年生の夏だった思う。もう20年も経つのか~、とセンチになりながら桟橋に行くと、どーんとでっかいターミナルがあった。
7bae4651.jpg

こんなのは20年前になかった。聞けば2年ほど前にできたばかりだという。その前に使っていたターミナルは、どこだかよく覚えてない。せっかく「なつかしー」と言おうと思って準備してきたのだが(なんの準備だ?)、これじゃ何にも言えないのである。

新しいターミナルは、とても広い。
62f75f60.jpg

片隅に、石垣島ドリーム観光という会社のオフィスがある。この船が、今回のツアーでの指定会社。この会社の船ならば、乗り放題である。八重山には他に3つの船会社があるが、乗り放題をしている会社はないので、とても便利だ。

船も新しく豪華。
7b9237ee.jpg

で、西表島へ向かいます。船で40分ほどです。
e73b6671.jpg

石垣島の港は大原。ここも20年ぶりである。ターミナルはやはり新しくなっていたが、港の前の雰囲気は変わらない。
9f415fd1.jpg

学生のときは、歩いて西表島を縦走したが、いまはそんな元気はないので、レンタカーを借りる。

まずは、大原の町。遠くに信号が見えるが、これは西表島唯一のもので、子供の教育のために設置されているという。
dbb93921.jpg

西表島は、一周道路がない。まずは島の最南端へ。
9333ac14.jpg
ちょっとジャングルっぽいですね。

そして、戻って、西表島温泉に行く。これも昔はなかった。聞けば、2002年開業だという。

ここは、日本最西端で最南端の温泉である。

さっそく露天風呂に行く。ここは混浴ゾーンで、水着を着なければならない。
f974f53d.jpg

これが、日本最南端の温泉。
a786c54f.jpg

これが、日本最西端の温泉。
44638c8b.jpg

うおおお、オレはいま、最西端の温泉に入っているんだあ!!!


なんて感慨はありません。

ちなみに、日本最東端の温泉は知床の相泊温泉。
日本最北端の温泉は、稚内温泉で、どちらも入ったことがあります。

そのなかでも、最果て感が強かったのが、相泊かなあ。
稚内は普通の温泉施設だし、ここは人工的な温泉ホテルだしね。

あなたへのおすすめ

関連記事

西表島へ(2009年八重山紀行6)

スレッドテーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「西表島で雨に打たれて(2009年八重山紀行7)

前の記事「海底遺跡げろげろ紀行 (2009年八重山紀行5)

Top