鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2010 05/12

山陰本線

東萩-幡生 101.8キロ

dd14735d.jpg

山陰本線は、京都-幡生(下関)673.8キロを結ぶ、日本最長の路線である。全線を直通する列車はなく、全線を一日で乗り遠そうとすると、朝5時33分に京都を出て、下関に着くのが23時38分になる。それほど長く、乗り通すのに時間がかかる。

いずれは、2日かけて鈍行で乗り通してみたいと思っていた。京都を朝出て、松江あたりに泊まり、翌日の夕方に下関に着く、という旅である。が、東京からだと、京都に前泊し、さらに下関に後泊したりすると、3泊4日もかかってしまう。意外に、気楽にいけない旅なのである。

そういうことで、山陰本線乗り通しの旅は諦めて、未乗区間だけに絞って完乗してしまおうと思う。これまでに細切れに乗った区間はあるので、未乗車なのは東萩-幡生間の約100キロだけである。美祢線・仙崎支線を乗ったあと、東萩に行き、折り返して下関まで乗った。

長門市から東萩へ向かうときの車両はキハ40。JR西日本のなかでも最末端部分なので、国鉄型車両が古いまま走っている。いっそ国鉄時代の塗装だったらなお良かったのだが、センスの悪い黄色塗装である。

が、内部は、昔懐かしいボックスシートが健在。
7c242858.jpg
高校時代、ボックスシートで学校に通っていたから、ちょっと懐かしい。キハ40じゃないけれど。

長門市から東萩へは、日本海に沿った、景観のすばらしい路線であった。遠くに島が点々と浮いている。このあたりに、小さい島がたくさんあるなんて知らなかった。地図を見ると、沖に見える比較的大きな島は相島という。後で調べたら200人くらいの住人がいて、名産はすいかだそうだ。こういう島を、いつかのんびり巡りたいな、と思う。
1c288a57.jpg

東萩で折り返す。長門市行きのディーゼルカーはキハ120のロングシートであった。白人の女性二人組が窮屈そうに座っている。聞いてみると、東京に住むスペイン人だそうで、ジャパンレイルパスを使って萩まで観光に来たそうだ。萩には特急がないので、この列車と美祢線を乗り継いで厚狭まで行き、そこからこだま号で新山口、さらにのぞみ号に乗り継いで東京に帰るとのこと。萩は、有名な観光地のわりに、鉄道の便が極めて悪い。

長門市で乗り換えて、ふたたびキハ40の下関行き。この区間も景色がよく、山間ののどかな農村を走り抜けたかと思えば、突然青い海沿いに飛び込んでいく。
5d5343be.jpg

とくに響灘に面した豊浦周辺は絶景であった。列車は小串駅で行き違いのためしばらく停車したので、駅前に出て、海まで歩いてみた。
515c07d6.jpg

誰もいない浜辺で、風が気持ちよい。小串の駅舎も、年代を感じさせる木造駅舎である。
d7da4d5c.jpg

幡生で山陽本線に合流し、下関着。これで、中国地方5県の鉄道は完乗である。
95f7601e.jpg

あなたへのおすすめ

関連記事

山陰本線

スレッドテーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線

前の記事「美祢線・仙崎支線

Top