鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2010 11/01

青春18きっぷ2010~2011冬

発売されるのかされないのか心配された冬の青春18きっぷが、ひとまず発売されるようだ。

青春18きっぷの発売について(JRグループ)

例年に比べて発表が遅かったが、その理由は第三セクター化される青い森鉄道部分をどうするか、ということだったようである。東北新幹線八戸・新青森間開業にともなって、東北本線の八戸・青森間が青い森鉄道に移譲されるが、その結果八戸線と大湊線がJR在来線から孤立してしまう。この両線にも青春18きっぷで行けるように特別措置を検討していて、その調整が手間取ったようだ。

結果は、八戸・野辺地・青森の3駅で乗下車する限りは、青い森鉄道も乗車できるという措置になった。これは結構驚いた。青春18きっぷは、これまで第三セクター線に乗れるように措置されたことはないからである。そもそも、相当な割引の企画切符なのだから、大湊線や八戸線が孤立しても、その程度のことは放置しておけばよい、という気もした。

その代償、というわけではないだろうが、利用期間が10日間短縮されて、1月10日までとなった。が、これは仕方ないだろう。そもそも青春18きっぷは、学校休暇期間に、普通列車の有効利用として考え出された切符だ。1月10日以降も休みなのは、北海道などの学校だけだろう。

なんにせよ、廃止もウワサされていた青春18きっぷが存続したのは、利用者にはよいことだと思う。

JR各社のなかには廃止論もあるようだが、廃止したところで、利用者が特急や普通の切符に転移してくれる可能性は大きくない。バスなどに移るか、旅行に出ること自体をやめてしまう可能性が高い。ならば、廃止しないほうが、JRの収支にはプラスという判断が働いているのだと思う。

青春18きっぷパーフェクトガイド2010-2011

あなたへのおすすめ

関連記事

青春18きっぷ2010~2011冬

スレッドテーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「左沢線

前の記事「仙山線

Top