鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 02/04

寝台特急あおもり 本日発売

2008年の夏に、急行「あおもり」で大阪から青森まで行ったことがある。

そのレポートは寝台急行あおもり乗車記に書いた。急行「あおもり」は、毎年多客期に運行されていた臨時急行で、それなりに伝統もあったのだが、この2008年を最後に運行されていない。臨時列車は「廃止」と公式にアナウンスされないが、事実上、僕が乗った2008年の「あおもり」が最後の列車だったようである。

で、同じ「あおもり」という名称で、今度は臨時特急が運行されるという。3月4日に大船-青森間を走るのである。とくに話題にもなってないし、話題になるほどのことでもないが、なんとなく懐かしい。

日経に掲載された記事は以下である。恐縮だが、短いので全文掲載する。
-----------------------------------------------------------------
1日限定、大船発ブルートレイン JR東が青森行き 2011/2/1 5:03
 東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社は3月4日、神奈川県内と青森駅(青森市)を結ぶ専用寝台特急(ブルートレイン)を運行する。東北新幹線の全線開通などで青森への注目が集まるなか、ブルートレインでゆっくり旅したい鉄道ファンなどの利用を見込む。

 寝台特急「あおもり」と称して、1日限定で運行する。大船駅(神奈川県鎌倉市)を午後9時ごろ出発。横浜駅(横浜市)に途中で停車し、青森駅に3月5日午前11時ごろの到着を予定する。相部屋となる「B寝台車」のみとなる。料金は大人2万9200円。

 帰りは新青森駅(青森市)から東北新幹線「はやて」を使う往復プランも大人3万8500円で用意した。県内と東京都町田市にある旅行センター「びゅうプラザ」などで、2月4日から販売する。

 神奈川県内では現在、東北方面へも西日本方面へもブルートレインの定期運行はしていない。
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C889DE0E0E4E3E7E5E6E2E1E3E2E3E0E2E3E39EEAE0E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E6
------------------------------------------------------------------

この記事ではよくわからないが、大船から横浜を経由して北に向かうのであれば、武蔵野貨物線を経由するだろう。武蔵野貨物線をブルートレインが走るのは、定期列車では過去に例がない。団体臨時列車では走ったこともあるだろうが、珍しいことには変わりはないし、あるいは最後になるかもしれない。車両は青森車両センターの24系と推測される。

今日、10時から切符が発売される。乗れるなら乗ってみたいところだ。

ブルートレイン&夜行列車完全ガイド

あなたへのおすすめ

関連記事

寝台特急あおもり 本日発売

後の記事「世界で一番遠い島 トリスタン・ダ・クーニャへの旅はできるか

前の記事「プレミアム8 世界遺産 一万年の叙事詩「第6集 大航海」

Top