鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 03/30

大東寿司と大東そば(2011沖縄・南大東島旅行記9)

南大東島の「公式」名物はインガンダルマでもなければナワキリでもない。大東寿司と大東そばであろう。

大東寿司は、みりん醤油の特性のタレにサワラやマグロを漬け込み、甘酢めしに乗せた握り寿司のことである。南大東島は八丈島からの移民によって拓かれた島であるため、八丈島の「島寿司」が「大東寿司」のルーツといわれている。

島の寿司店で食べたのが、これ。切り身は分厚くて、寿司にしては歯ごたえがある。
c3e2c3f9.jpg

味は、うーん、普通ですね。

続いて大東そば。島の中心部にあるそば屋で食べる。店内は東南アジアっぽいおおざっぱな作りがよい。
86418402.jpg

大東そばの最大の特徴は、灰汁(ガジュマルの木)を使って練り込んだ麺である。灰汁はアルカリ性の液体で、ラーメンを作るときに使用する「かんすい」と同じ役割を果たす。麺は幅5ミリ、厚さ2ミリ程度もある幅広極太麺で、激しく噛みごたえがある。スープは豚とカツオを使用したあっさりとした味付けであった。
cad7ad70.jpg

総合した感想は、沖縄本土のそばの味付けを少し薄くして、麺を堅くした感じ。

十分おいしいです。

この店では、大東寿司とのセットメニューも出している。寿司屋で食べたものに比べると味付けが薄く、刺身も薄かった。でも、そのくらいのほうが昼食にはちょうどいいと思う。
7894259d.jpg

ボリュームは120点。腹が壊れそうになりました。


沖縄家庭料理入門

あなたへのおすすめ

関連記事

大東寿司と大東そば(2011沖縄・南大東島旅行記9)

後の記事「大東ようかんと大東島黒糖(2011沖縄・南大東島旅行記10)

前の記事「インガンダルマとナワキリ(2011沖縄・南大東島旅行記8)

Top