鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 04/02

南大東島の市街地・在所の風景(2011沖縄・南大東島旅行記12)

南大東島の市街地の地名は在所という。村役場、農協、製糖工場、商店、ホテルなどがそろった中心部というか、ここ以外にはほとんど人が住んでいない唯一の集落である。

南大東島最後は、在所の風景をご紹介。

農協。伝統的家屋が味わい深い。後ろにあるのは給水塔。
8705a5d7.jpg

Aコープ。島で唯一のこぎれいなスーパーマーケットである。デンマーク産の鶏肉とか売っていた。デンマークの鶏も、まさか日本の離島で食われるなんて思ってもみなかったろうな。
7d4a0560.jpg

与儀商店。日用雑貨があれこれと置いてある。Aコープが生鮮品中心なのに対して、こちらは生活用品。役割分担があるようだ。昭和50年代くらいまでは、どの地方の町にもこうした「百貨店」があったが、本土では大型店に押されてほとんど失われてしまった。離島では健在である。
00655070.jpg

南大東小中学校。コンクリートの校舎は、島内屈指の建造物。生徒は小中あわせて200人程度らしい。高校はないので、15歳で子供たちは島を離れるという。
130432eb.jpg

飲食店街。別名「南大東島の親不孝通り」だとか。でも、福岡の親不孝通に比べると、よほど親孝行な印象。居酒屋が数軒と、スナックが数軒。一見で入りやすい店はない。
e65f4430.jpg

ホテルよしざと。南大東島で唯一のホテルで、ここに宿泊。業務渡航者で結構混んでいるので、予約はお早めに。水不足につき、バスタブはなくシャワーのみ。そしてホテル中がタバコ臭い。

b7ca9f51.jpg

ホテルからの在所の風景。
5add185b.jpg

レンタカー。ホテルよしざとで借りられる。沖縄本土のレンタカー業者からの委託のような形らしい。想像していたよりきれいで、カーナビまで付いている。狭い島でカーナビなんていらないよ、と思ったが、これが結構役立つ。なぜなら島には標識も目印も少ないから、自分がどこにいるのか結構わかりにくいのだ。南大東島ではレンタカーは数台しかないようなので、要予約。
9d916b35.jpg

新南大東空港滑走路(在所ではありませんが)。着陸してきた飛行機に乗って帰ります。
d8657298.jpg

なかなか興味深い南大東島。また、いつか訪れることができますように!


これで、2011年南大東島旅行記は終わりです。よかったら、拍手の一つでもしてください。


南大東島の人と自然

あなたへのおすすめ

関連記事

南大東島の市街地・在所の風景(2011沖縄・南大東島旅行記12)

後の記事「巨人×楽天オープン戦in沖縄那覇(2011沖縄・南大東島旅行記番外編)

前の記事「南大東島一周の旅(2011沖縄・南大東島旅行記11)

Top