鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 06/07

軍艦島上陸ツアーとは?(長崎世界遺産候補地旅行記3)

軍艦島は、ここ数年で一気に有名になった。2009年4月より、定期遊覧船で誰でも上陸できるようになったからだ。
blog_import_4f8a3ba7804df.jpg

現在、軍艦島上陸ツアーは複数の船会社が運営しているが、最大手は「やまさ海運」である。長崎の大波止ターミナルからツアーを出している。大波止は市内中心部に近く便利なので、多くの観光客が利用する。ネット検索でも最上位にくる。そのため混雑しており、予約をしておかなければ乗れないことも多いようだ。
僕も予約をしておき、4月末の晴れた朝に大波止に赴いた。

blog_import_4f8a3ba82213b.jpg


ところがである。こんなに晴れているのに、強風のため欠航だという。しかたなく、午後の便に予約を入れ直し、午前中は市内の教会の見物して時間をつぶした。幸い午後には風が弱まり、午後便は運航されることになった。ただ、運航されても上陸できるとは限らない。風の強いときは近くまで行って上陸を断念することもある、と窓口で念を押される。

おおざっぱにいって、運航率は8割程度、上陸率(運航して上陸できる可能性)は7割程度だという。ここまで来て上陸できないのはばかばかしいから、天気予報をみてからツアーの予約をした方がいいかもしれない。

実測・軍艦島―高密度居住空間の構成

軍艦島 全景

軍艦島海上産業都市に住む

軍艦島の遺産―風化する近代日本の象徴

封印された日本の離島

あなたへのおすすめ

関連記事

軍艦島上陸ツアーとは?(長崎世界遺産候補地旅行記3)

後の記事「軍艦島へ(長崎世界遺産候補地旅行記4)

前の記事「長崎は今日もにぎやかで(長崎世界遺産候補地旅行記2)

Top