鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 08/07

ゴールデン・ゲート・ブリッジとケーブルカー(2011年 アメリカ大陸横断鉄道旅行記9)

サンフランシスコで特に寄りたいところはないが、せっかくなのでゴールデンゲートブリッジGolden Gate Bridgeを見に行く。市内バス38番と28番を乗り継いで、トランスベイ・テンポラリー・ターミナルTranceby temporary terminal周辺から1時間くらいかかった。結構遠い。
san4

最大支間長1280メートル、主塔高227mの鋼製の吊り橋である。完成は1937年。日本でいえば昭和10年代に、こんな巨大な橋を作ったのか、と驚く。

帰りは、28番と30番のバスを乗り継いで、フィッシャーマンズワーフ周辺へ。サンフランシスコ名物ケーブルカーに乗ろうかと思うが、とても混雑している。
san5

ケーブルカーの乗車待ちは、軽く30分はかかりそうだ。

しかたなくバスに乗り、ダウンタウンへ戻り、ダウンタウンからホテルに戻る際に、ケーブルカーに乗ってみた。

レトロな構造。これも戦前の製造だろうか?
san6
 
ケーブルカー自体は1873年の開業で、世界最古である。

地球の歩き方 サンフランシスコ

あなたへのおすすめ

関連記事

ゴールデン・ゲート・ブリッジとケーブルカー(2011年 アメリカ大陸横断鉄道旅行記9)

後の記事「アムトラック連絡バス サンフランシスコ-エメリービル駅(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記10)

前の記事「サンフランシスコのアムトラックオフィス(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記8)

Top