鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 08/26

バファローデピューBuffalo Depew駅からナイアガラ滝Niagara Fallsへの行き方(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記27)

レイクショアリミテッドLake Shore Limited号が到着するバファローの駅は、デピューBuffalo Depew駅という。
ブファロ―6

ここは町はずれの駅だ。中心街には別の駅があるのだが、シカゴ-ニューヨークの幹線からは外れるので、レイクショアリミテッド号は停まらない。

このバファローBuffalo Depew駅からナイアガラの滝Niagara Fallsへ移動は、ちょっと手間がかかる。

もしタクシーがいれば、それがベストである。駅から滝までは、直線距離で34キロほどなので、1時間100ドルほどで着くだろう。

が、駅前に出てみたが、タクシーはいない。何もないがらんとした駅前広場があるだけである。
バファロー1

そこにバスがやってきた。タクシーがいない以上、バファローデピュー駅からナイアガラの滝に行くには、この市内バスに乗るほかない。
バファロー2

このバスは46番の市内路線である。1~2時間に1本しかなく、ちょうど来たのは9:05発である。列車がもう少し遅れていたら、これには間に合わなかった。乗れたのは幸運だろう。

10分ほど乗り、Walden Galleriaというところで降りる。ここで6A番のバスに乗り換える。これは30分に1本だが、次便は9時23分発である。それほど待たずに乗れた。

6A番のバスでワシントンストリートWashinton stとイーグルイーストストリートEast Eagle St の交差点で降りる。
バファロー3

といっても、こんなピンポイントでは難しいので、「Transit Terminalで降りる」と運転手が回りの人に伝えておけば教えてくれる。僕は他の乗客に教えてもらった。単に「グレイハウンド」と言ってもよかったと思う。

イーグルイーストストリートを東へ1ブロック歩くと、バスターミナルが見える。ここから10Aのバスに乗れば、アメリカ側のナイアガラ滝ターミナルに行くことができる。ただ、係員に尋ねたら、グレイハウンドに乗れば、カナダ側のナイアガラ滝まで連れて行ってくれるとのことで、そちらを選ぶ。宿泊するのはカナダ側なので、バスで直接カナダ側までいけたら便利である。グレイハウンドはトロント行きで、それを途中で降りる形になる。トロント行きは、1時間に1本程度は出ているようだ。
バファロー4

トロント行きグレイハウンドは、10時15分出発。

ピースブリッジPeace Bredgeを越えて、すぐにカナダに入る。国境審査は30分ほど。乗客がそれほど多くないので、早かった。
バファロー5

高速道路を快調に走り、11時30分頃、ナイアガラ滝のトランジットターミナルTransit Terminal着。

バファロー6
ここにはタクシーがいて、乗ってしまってもよかったのだが、バスで市内のホテルまで行った。

バファローデピュー駅から、ナイアガラ滝トランジットターミナルまで約2時間半。考えていたよりも順調に着くことができた。

旅名人ブックス トロント/ナイアカ゛ラ/中央カナタ゛

あなたへのおすすめ

関連記事

バファローデピューBuffalo Depew駅からナイアガラ滝Niagara Fallsへの行き方(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記27)

後の記事「ナイアガラ滝Niagara Falls(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記28)

前の記事「レイクショアリミテット号乗車記3:食堂車と車内設備(2011年 アメリカ大陸横断鉄道旅行記26)

Top