鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 08/28

メイプルリーフMaple Leaf号乗車記1:ナイアガラ滝駅(2011年 アメリカ大陸横断鉄道旅行記29)

ナイアガラ・フォールズNiagara Falls駅は、アメリカ側とカナダ側に一つずつある。アメリカ側からはニューヨーク行きが1日3往復出ているが、カナダ側からニューヨークに行く列車は1日1往復だけである。この列車がメイプルリーフ号Maple Leafで、ニューヨークとトロントを結んでいる国際列車である。ナイアガラ滝のカナダ側からニューヨークに行く場合は、この列車を使うほかない。

ナイアガラ滝の発車時刻は10時24分と使いやすい。ホテルで朝食を食べ、タクシーでVIAのナイアガラ・フォールズ駅に着く。煉瓦造りの駅舎がかわいらしい。
ナイアガラ駅3

内部はこぎれいで洗練されている。
ナイアガラ駅2

ナイアガラ・フォールズ駅前は閑散としている。
ナイアガラ駅1
写真左は駅前ホテル兼レストランだが、ごらんのとおり、倒産している。かつては観光客でにぎわったのだろうが、いまは公共交通機関でナイアガラを訪れる人はごく少数。駅は滝から離れた町外れにあり、駅前ホテルの宿泊客など壊滅してしまったのだろう。

ヨーロッパではこういうことはないと思う。北米の鉄道離れは深刻である。

列車はほぼ定刻に到着する。国際列車だが、使用しているのはアムトラックの車両である。アムフリートⅠという客車のカフェカー1両、そしてアムフリートⅡという長距離用の客車のコーチ車が4両続く。カフェカーの半分がビジネスクラスになっている。それ以外は普通の座席車(コーチ)である。
ナイアガラ駅4

列車は空いていて、ナイアガラ・フォールズから乗車したのも、30人くらい。座席はあまり埋まっていないまま、発車した。

あなたへのおすすめ

関連記事

メイプルリーフMaple Leaf号乗車記1:ナイアガラ滝駅(2011年 アメリカ大陸横断鉄道旅行記29)

後の記事「メイプルリーフMaple Leaf号乗車記2:ナイアガラ国境越え(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記30)

前の記事「ナイアガラ滝Niagara Falls(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記28)

Top