鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2011 11/29

アフリカにょろり旅

うなぎの研究者がアフリカでうなぎを探す旅。




文章は味があり、ユーモアもあっていいですね。

大変な旅をユーモアいっぱいに描くって、結構難しいもの。
普通の人は、たいして大変でもない旅を、さもすごい冒険のように描くけれど、この著者は逆です。

旅本の不作が長引く中、珍しい快作といえます。



それにしても、こういう「調査」ができるなら、僕も研究者になりたかったなあ。

…というのは、部外者の気楽な感想でしょうか。

アフリカにょろり旅 (講談社文庫)

あなたへのおすすめ

関連記事

アフリカにょろり旅

後の記事「「きたぐに」廃止で583系が姿を消す

前の記事「第三舞台「深呼吸する惑星」 これから見る人のためのレビューと感想

Top