鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2012 03/22

オーストラリア人との会話(2012年ニセコ外国人百景4)

ニセコアンヌプリのゴンドラリフトでは、乗り込むと見ず知らずの人と10分ほどご一緒することになる。この10分間で、何人かの外国人と話をすることができた。

アンヌプリ10

まずはオーストラリア人との会話。60歳過ぎの女性。

「今回の滞在は1ヶ月よ。毎年、夏と冬に1ヶ月くらい滞在するの。ここは素敵なところだから。蘭越(ニセコの近くの町)におうちも買ったの。子供達も毎年連れてきてたけれど、もう大きくなったので、今年は夫婦だけできてます。でも、こちらにもお友達ができたしね。今日は、親戚が来ているので、みんなで滑りに来たんです」

 ニセコは何で知ったんですか?

「ニセコを知ったのは、5~6年前かしら。雑誌とか口コミとか、オーストラリアでは、ニセコはすごい有名よ。オーストラリア人が初めてニセコを訪れたのが1993年で、その人が絶賛して、オーストラリアで広まったと聞いているわ。こんなに設備の整ったゲレンデは、オーストラリアにもあまりないんじゃないかしら。物価は日本もオーストラリアもあまり変わらないけれど、リフト料金は間違いなく日本のほうが安いわね。ヒラフはオーストラリア人が増えて、私たちからしたら日本に来た気がしないくらい笑。けれど、ここ(アンヌプリゲレンデ)は、まだ少ないですね」

 買い物とか、生活に不便はないですか?

「不自由はないわ。買い物は、蘭越だとお店も少ないけれど、倶知安にいけば大きなスーパーマーケットがあります。日本語はわからないけれど、買い物では回りの人が親切にしてくれるから、だいたい何でも解決するわ」

 この方は、本当に北海道が好きなようでした。家まで買ってしまうのだから、大好きなんでしょうね。確認し忘れましたが、どうもレンタカーを借りっぱなしにしているようでした。

地域発 観光まちづくり最前線

あなたへのおすすめ

関連記事

オーストラリア人との会話(2012年ニセコ外国人百景4)

スレッドテーマ : 国内旅行記 ジャンル : 旅行

後の記事「ブルガリア人との会話(2012年ニセコ外国人百景5)

前の記事「ニセコアンヌプリ国際スキー場の感想(2012年ニセコ外国人百景3)

Top