鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2012 10/06

NHK世界の名峰 グレートサミッツ「フィッツロイ」でみた、珍しい映像

久しぶりのグレートサミッツ新作。NHKの番組案内を見ると、「南米パタゴニアの南に位置するフィッツロイ山群、世界遺産にも登録された 花崗岩の美しい岩山が連なる」とある。そんな世界遺産あったかいな、と思って調べてみますと、アルゼンチンのロス・グラシアレス国立公園内の山群で、クライマーには超有名だそうです。主峰フィッツロイ山Monte Fitz RoyはNHKによれば3405m、大辞林によると3375mと3405m、wikipediaによると3359m。諸説あるようです。

フィッツロイ

標高はそれほど高くはありませんが、超本格的なクライミングが必要な山で、さらに雪の具合も悪く、「すごい、これをNHKのスタッフが登るのか。コレハマジデスゴイ」などとうめきながら見ていました。雪洞を掘って一夜を明かし、さらには壁面途中でビバーク。グレートサミッツでもこんな厳しい登山映像は初めて見まして、「凄すぎる」と圧倒されました。が、なんと番組半分あたりで登頂断念。あまりに厳しい山のコンディションと悪天候で、見ていて登れる気はしませんでしたが、番組の半分で登山が終わってしまったので、腰が抜けるほど驚きました。

残ったあとの半分の尺をどうするのでしょう、と思って続けてみると、同じ山群の近くの山に登るということに。「目標の山がダメだから隣の山」という展開もグレートサミッツでは初めてだと思います。そこも結構厳しい山でしたが、マンガのような番組構成は驚きながらも笑ってしまいました。すいません。

それにしても、NHKのスタッフは相当な腕前です。フィッツロイの主峰はリベンジでぜひ登って欲しいです。あの絶壁を登って帰ってくることができるなんて、ちょっと信じがたい。こないだのイモトのマッターホルンもなかなか頑張っていて印象がよかったですが、フィッツロイに比べたらマッターホルンなんて簡単に見えてしまいました。

もちろん、私にはどちらもムリです。はい。

以下、番組案内
http://www.nhk.or.jp/greatsummits/
NHK世界の名峰グレートサミッツ パタゴニア 嵐の岩峰に挑む 南米・フィッツロイ
2012年10月06日 午後07:30~08:59
南米パタゴニアの南に位置するフィッツロイ山群、世界遺産にも登録された 花崗岩の美しい岩山が連なる。ひときわ高くそびえたつフィッツロイ(3405m)、 その巨大な岩のタワーはパタゴニアのシンボルとされてきた。パタゴニアは1年中風が 吹き荒れるため「嵐の大地」と呼ばれる。取材班は、わずかな晴れ間にアタックを かけたものの雪崩が多発、一瞬の油断も許されない緊迫のクライミングが続く…。 嵐の映像は必見!すごい迫力!

過去の番組はこちら。
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第1巻 モンブラン
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第2巻 マッターホルン
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第3巻 キナバル
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第4巻 アスパイアリング
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第5巻 マッキンリー
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第6巻 キリマンジャロ
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第7巻 アウヤンテプイ
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第8巻 クリュチェフスカヤ
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第9巻 ウィルヘルム
NHKグレートサミッツ 世界の名峰 第10巻  ワスカラン

あなたへのおすすめ

関連記事

NHK世界の名峰 グレートサミッツ「フィッツロイ」でみた、珍しい映像

後の記事「海上保安庁の巡視船に乗ってみた。第一管区海上保安本部巡視船一般公開訪問記

前の記事「ジェットスター・ジャパンGK118便搭乗記

Top