鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2012 06/18

アパートホテル シティ 5 Aparthotel City 5プラハの感想(チェコ・ビールと古城の旅行記29)

最近、海外で滞在するのにお気に入りは「アパートメントホテル」です。簡単にいえば、キッチンや簡単な家具が付いた「アパート」に短期滞在する、というものです。「アパート」とはいえ「ホテル」でもあるので、朝食など簡単なホテル的機能も付いていることが多いです。

昔はユースホステルのような安宿ばかり泊まっていましたが、いい年をしてドミトリーもしんどいし、普通のホテルは窮屈だし、こういうホテルになっていくのでしょうね。

さて、プラハもやや長い滞在だったので、ホテルではなくアパートメント・ホテルに泊まりました。「アパートホテル シティ 5 」という名称の宿です。



内部はこんな感じ。冷蔵庫やキッチンも付いています。


こういうホテルは、簡単な自炊もできますし、室内がゆったりしているので快適に暮らせます。

「アパートホテル シティ 5 」は、トリップアドバイザーでは絶賛の宿です。それもあってここに泊まってみたのですが、感想としては「アパートメントホテルとしては普通」という感じです。



部屋は清潔で、設備も整っていますが、部屋に洗濯機がなく、共用の洗濯機の利用はオーナーに頼まなければなりません。それが一番の残念ポイントです。結局、面倒なので手洗いで済ませました。



朝食は8時半からと、かなり遅いです。ただ、キッチンは各部屋についているので、自分で適当に作ればよいともいえます。僕は一度もホテルの朝食は食べませんでした。

こういうホテル、今後は増えていくでしょうね。

 


これで、チェコ・ビールと古城の旅行記は終わりです。よかったら拍手でもしてくださいな。

あなたへのおすすめ

関連記事

アパートホテル シティ 5 Aparthotel City 5プラハの感想(チェコ・ビールと古城の旅行記29)

後の記事「宮脇俊三「インド鉄道紀行」再読

前の記事「プラハ・アンデル地区(チェコ・ビールと古城の旅行記28)

Top