鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2012 05/22

フランクフルト空港とウィーン行乗継便(チェコ・ビールと古城の旅行記3)

フランクフルト空港で、約2時間の待ち時間。

入国審査を済ませた後、接続便の待合室に移動します。

ドイツの空港のルフトハンザのエリアでは、無料のコーヒーサーバが設置されています。LCCに対抗して、レガシーキャリア的なサービスの一環なのでしょうか。たたこれもインスタントコーヒーで、あんまり美味しくはありませんので、飲むのなら紅茶などにしておくといいでしょう。
コーヒーサーバー

フランクフルトからウィーンへの便は、エアバスA320-200型機。エアバスのベストセラー機の一つで、単通路タイプです。
A320

ぎっちり詰め込まれながらも、フライトは1時間足らずなので、あっという間にウィーンに着きました。成田から、乗り継ぎ時間を含めて15時間ほどでした。

今日は、ウィーン西駅の近くにホテルを予約してあります。そのため、空港からバスでウィーン西駅へ向かいます。
ウィーン空港バス停

ホテルに着いたのは、現地19時半。都内の自宅を出てからだと20時間ほどになります。やっぱりヨーロッパは遠いなあ。さすがに疲れました。

ウィーントラベルブック

あなたへのおすすめ

関連記事

フランクフルト空港とウィーン行乗継便(チェコ・ビールと古城の旅行記3)

後の記事「シェーンブルン宮殿とハプスブルグ家(チェコ・ビールと古城の旅行記4)

前の記事「ルフトハンザA380搭乗記(チェコ・ビールと古城の旅行記2)

Top