鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2012 05/20

チェコにビールを飲みに行く(チェコ・ビールと古城の旅行記1)

チェコ

僕たちがふだん飲んでいる黄金色のビールは、「ピルスナー」と呼ばれるものです。僕たち日本人は、これ以外のビールをあまり飲みませんので、ピルスナービールをこよなく愛している国民といえます。

そのピルスナービールの発祥が、チェコのプルゼニュ市。プルゼニュはドイツ語でピルゼンと呼ばれています。つまり「ピルスナー」の語源となった町です。

そのプルゼニュを訪れてみよう、思い立ち、チェコに行くことにしました。こう書くと発作的ですが、本当に発作的で、突然思い立って3週間後の航空券を押さえました。また、チェコの首都プラハには有名な巨城があることは知っていましたので、それもかねがね見たいと思っていたのです。

簡単にいえば、「チェコでビールと古城を堪能する旅」です。

行程は、ウィーンから入り、オーストリア・チェコ国境を越えて歴史都市チェスキークロムロフを経由して、プラハに抜ける、というもの。その後はプラハを拠点にしてプルゼニなどを訪れます。

チェコA to Z

あなたへのおすすめ

関連記事

チェコにビールを飲みに行く(チェコ・ビールと古城の旅行記1)

後の記事「ルフトハンザA380搭乗記(チェコ・ビールと古城の旅行記2)

前の記事「たまにはプロ野球順位予想でもしてみる。

Top