鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2013 12/31

ジェットスター・ケアンズ行き、ビジネスクラスの機内食(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記3)

ジェットスターケアンズ行きのビジネスクラスをレポートしましょう。

この日は空いていて、ビジネスクラスの利用者は5人ほど。こんなガラガラで大丈夫か?と思いますが、オフシーズンの平日の観光路線なので、こんなものなのかもしれません。

そしてシート。第1印象は「せま!」という感じです。

ジェットスタービジネスクラス・シート

一昔前のレガシーキャリアのビジネスクラスをイメージしていましたが、それより狭い。プレミアムエコノミー程度でしょうか。JALのクラスJとあんまり変わりないような気すらします。それよりはもうちょっと広いのだと信じたいですが。

枕と薄い毛布とアメニティグッズが置いてあります。

ジェットスタービジネスクラス・アメニティ

シートモニターも付いています。映画もありましたが、深夜便なので見る気はしません。コンセントもUSB電源もありますので、手持ちのタブレットも存分に使えます。

席に座るとドリンクサービスが。このあたりは、レガシーのビジネスクラスと同じですね。スパークリングワインを飲みます。

ジェットスタービジネスクラス・ウェルカムドリンク

離陸後、機内食が出されます。

ケアンズまでの所要時間は7時間40分ですので、空港で夕食を済ませて機内ではすぐに寝る、というのが正しい旅の姿でしょう。エコノミークラスの機内食は選択制ですから、パスする人も多いでしょうし、きっとそれが正解です。深夜便では食事より睡眠が大事です。

でも、ビジネスクラスは機内食が料金に含まれていますし、いちおうCクラスの食事、ということで食べてみたい気にもなります。ということで、機内食を普通にいただくことにしました。

最初にスープとサラダが運ばれてきます。スープは濃厚で美味しい。

ジェットスタービジネスクラス・機内食

続いてメインディッシュ。豚肉のショウガ煮、サーモンのトマト&ディル風味、パスタアルフレッドの3つからチョイスできます。豚肉のショウガ煮をオーダーしてみました。

ジェットスタービジネスクラス・メインディッシュ

味は、まあ、普通の機内食です。Cクラスらしさはありません。

デザートは「MOVENPICK」のアイスクリーム。バニラ味。

ジェットスタービジネスクラス・アイスクリーム

やや柔らかくねっとりした味です。まずまず美味しいです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6576096035934354"
data-ad-slot="4587065137"
data-ad-format="auto">



つづいて、朝食。わずか7時間40分のフライトで、しかも深夜便で、2度も食事はいらんだろ、と思いますが、朝食が出されます。ただし、夕食時に「朝食は必要か?」と確認されますので、睡眠を優先する人は断ればいいでしょう。筆者は食べましたが。

朝食は、シリアルとヨーグルト、パンです。シリアルは、ぼそぼそして今一つ。

ジェットスタービジネスクラス・朝食

このほか、フルーツが出されます。

ちなみに、この朝食が出されるのは、日本時間で午前4時すぎ。夕食が終わったのが前夜23時頃でしたから、5時間程度しか間隔が空いていません。

その間、寝たわけですが、フルフラットではないシートですので、寝心地は今ひとつ。フットレストは付いていますが、あまり高くは上がらないので、全く役立たずでした。この日はエコノミーもガラガラでしたので、「エコフラット」で横になったほうが快適だったかもしれません。

6時20分頃ケアンズ着。

ジェットスター・ケアンズ到着

定刻より20分ほど遅れていますが、遅延のうちに入らないでしょう。時差は1時間。日本時間は5時20分です。

LCCで行くぶらり格安世界の旅

あなたへのおすすめ

関連記事

ジェットスター・ケアンズ行き、ビジネスクラスの機内食(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記3)

スレッドテーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「トロピカル・ズーでコアラを見る(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記4)

前の記事「ジェットスターケアンズ便・ビジネスクラス搭乗記(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記2)

Top