鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2014 01/08

ケアンズ・イニスフェイルのシュガートレイン(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記11)

ケアンズからレンタカーでイニスフェイルという町に入り、さらに幹線道路から外れて山に入ります。すると、どこからともなく細い線路が。ナローゲージです。しかも、踏切があり、サトウキビ列車が走り抜けていきます。

ケアンズ・シュガートレイン

シュガートレインのようです。

途中、路面を機関車が走るシーンにも遭遇できました。路面電車のサトウキビ列車ですね。昔の南大東島のシュガートレインも、こんな感じだったのでしょうか。

ケアンズのシュガートレイン路面電車

ちなみに、これがシュガートレインが吸い込まれていく製糖工場の操車場。

ケアンズシュガートレイン操車場

これが製糖工場。

ケアンズ砂糖工場

近くに行くと、甘い匂いが漂います。

ケアンズのあるクイーンズランド州では、こうしたシュガートレインが健在で、その総延長は4000kmにも及ぶとか。距離も輸送量も世界最大規模だそうです。

ケアンズのシュガートレイン機関車

写真撮影で寄り道をしつつ、無事パロネラパーク着。途中休憩しながら2時間の道のりでした。運転もラクで、日本で慣れている人なら運転には何の問題もないでしょう。

南大東島シュガートレイン―南の島の小さな鉄道

あなたへのおすすめ

関連記事

ケアンズ・イニスフェイルのシュガートレイン(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記11)

スレッドテーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「パロネラパークで「遺跡」めぐり(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記12)

前の記事「ケアンズからパロネラパークまでレンタカーで行ってみる(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記10)

Top