鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2014 01/09

パロネラパークで「遺跡」めぐり(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記12)

ケアンズ郊外にあるパロネラパークは、変わったテーマパークです。スペインからの移民、ホセ・パロネラがいつか自分の城を持ちたい、という夢をかなえるために城や庭園を造り、後に廃墟になったものを修復してテーマパークとしたものです。

自分の理想郷を作りたい、と考える移民はたくさんいるでしょう。それを具現化したものがパロネラパークです。熱帯雨林のなかで朽ち果てた城は情感があり、遺跡感も漂います。旧大陸の歴史遺産とはひと味違った「遺跡」といえます。

といっても大きなテーマパークではないので、入口は質素。

パロネラパーク入口

若い女性スタッフがたくさん働いているのが印象的です。受け付けてくれた白人の綺麗なお嬢さんは、日本語が堪能でした。ワーキングホリデーで働いている人もいる様子で、それが若いスタッフが多い理由かもしれません。

まずはカフェで腹ごしらえ。スタッフが作ってくれる素朴な手作りのフォカッチャです。

パロネラパークカフェ

これがおいしい。オーストラリアはイギリス植民地なのに、イギリスよりよほど食べ物が美味しいです。

庭園内を歩いて回ります。歴史の蘊蓄はないので、たんに風景と情感を楽しみます。

パロネラパーク古城

「遺跡」ばかりが強調されますが、自然もなかなか。流れる川には鯉や亀がいます。ワニもいるそうなので、近寄ってはいけません。

パロネラパーク川

ヤブツカツクリという鳥も、普通に歩いています。

パロネラパーク鳥ヤブツカツクリ

天を見上げれば、コウモリの大群が。

パロネラパークこうもり

ときどきフンが落ちてくるので注意です。

パロネラパーク、ケアンズからわざわざ行くべし!というほどの場所ではありませんが、ドライブの目的地にはなかなか良い場所といえます。見物は1時間ほどあれば十分です。

あなたへのおすすめ

関連記事

パロネラパークで「遺跡」めぐり(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記12)

スレッドテーマ : 海外旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「マムー・レインフォレスト・キャノピー・ウォークウェイを歩く(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記13)

前の記事「ケアンズ・イニスフェイルのシュガートレイン(2013年ケアンズなんちゃって弾丸旅行記11)

Top