鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2014 09/30

友が島リベンジ (3時間友が島半周旅行記1)

先月、友が島に行こうとして加太まで行ったものの、船に乗れなかったので、そのリベンジです。9月に改めて行ってきました。

東京・羽田からスターフライヤーで関西空港へ。機内から、友が島がくっきりと見えました。

友が島空撮

関西空港から南海電車を乗り継いで、加太駅に。さらに歩いて加太港に着いたのが12時頃。東京の自宅を朝7時に出てきたので、5時間かかりました。和歌山は遠い。

13時の船で島に渡ります。この日も船は満席で、積み残しが多数。友が島への船を運航するのは友が島汽船ですが、船は一隻しかないらしく、需要に対応しきれないようです。船の定員は120人で、1日の運行本数は臨時便を入れても最大7往復程度です。

友が島汽船

ただ、あとでわかったのですが、船のキャパシティが小さいことが、実質的な入島数制限につながっており、島の雰囲気が維持されているという側面もあるようです。

船は20分ほどで、沖ノ島の野奈浦桟橋に到着しました。

友が島上陸

船が野奈浦桟橋に到着したのは13時20分頃。今日の最終便は16時30分発ですので、持ち時間は3時間です。この3時間で、沖ノ島をどれだけ回れるでしょうか。

沖ノ島のモデルコースとしては、パンフレットに「名所探訪コース3.3km」と「自然散策コース6.1km」の2種類が記されています。「自然散策コース」なら、沖ノ島をほぼくまなく回ったうえに、隣島の虎島まで渡れますが、標準所要時間は3時間30分とあります。3時間の持ち時間では足りません。

友が島案内図

一方の「名所探訪コース」なら標準所要時間が2時間30分です。これならちょうどいいですが、虎島に渡るだけの時間はありません。とりあえず、名所探訪コースを基礎に、できれば虎島まで早歩きで行ってみよう、という計画を立てました。

が、これは後で、画餅であることに気づきます。

和歌山の本

あなたへのおすすめ

関連記事

友が島リベンジ (3時間友が島半周旅行記1)

スレッドテーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

後の記事「友が島の西をめぐる (3時間友が島半周旅行記2)

前の記事「東郷池産しじみ2kgの感想(ふるさと納税・湯梨浜町)

Top