鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

2016 05/09

金沢城【北陸落ち穂拾いの旅3】

近江町市場で昼食の後、金沢城に登ります。

黒門口から入ると、広い新丸広場が。

金沢城新丸広場

まだ、ここが金沢大学だった時代に来たことがあります。

当時のことはほとんど覚えていませんが、ここには理学部と教養部のキャンパスがあったそうです。きっと、校舎がみっちりと建ち並んでいたのでしょう。

井上靖の「北の海」は旧制四高が舞台でした。旧制四高は、戦後の金沢大学ですから、同じ学校です。井上靖も、きっとここに通っていたのかと、戦前に思いを馳せます。

三の丸広場から見た、菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓。

金沢城

2001年の復元。現在の金沢城のシンボルです。


金沢城の復元計画はどうなっているのだろう、と調べて見ると、次に復元されるのは、鼠多門と鼠多門橋だそうで、2017年に設計を終え、着工するスケジュールだそうです。早ければ、2020年度にも復元が完了するとのこと。

その後は、二の丸御殿の復元がキーになるようです。

二の丸御殿は、金沢城の中核をなす建物で、復元できればかなりの価値があります。しかし、現時点では正確な復元には課題があるようで、2016年度になってようやく、本格的な復元調査に入ったようです。

金沢城

天守閣については、復元計画はない様子。

江戸時代初期に火災消失して、正確な資料が残されていないことから、復元自体が無理なようです。

残念ですが、仕方ありません。

あなたへのおすすめ

関連記事

金沢城【北陸落ち穂拾いの旅3】

スレッドテーマ : 鉄道の旅 ジャンル : 旅行

後の記事「福井鉄道えちぜん鉄道LRT乗り入れ【北陸落ち穂拾いの旅4】

前の記事「松喜代 金沢近江町市場(グルメレビュー)

Top