鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「海外旅行」のカテゴリを含む記事

イギリス留学日記4 時間割

さて、学校も3日目に入り、ようやく全体がつかめてきました。基本的なスケジュールは以下のとおりです。8時 寮を出る8時15分  カレッジ着。ダイニングで朝食9時15分  1限目開始10時45分 1限目終了         午前休憩11時15分 2限目開始12時45分 2限目終了        ダイニングでランチ14時     3限目開始15時40分 3限目終了18時30分 ダイニングでディナー19時...

イギリス留学日記5 オックスフォードの愉快な仲間たち1

それでは、愉快な仲間たちをご紹介しながら、留学の雰囲気をお伝えしていきます。最初にご紹介したいのは、ラビーニャ19歳、イタリア出身の女子大生です。目鼻立ちはすっきりしていて、目もくりっとしていて、おそらく白人の目からみても美人なのではないかと思いますが、かなり気の強い人です。2日目の授業で、紙に英単語を書いて、それを隣の人に渡し、隣の人がそれを英語で説明する、というゲームがありました。で、単語が何...

イギリス留学日記6 ごはんの話

ごはんは、大学のダイニングで食べます。ハリー・ポッターの映画に出てきますが、あれと雰囲気は同じです。大きなホールの長いテーブルに向かって、みんなで食事します。最初は「おお、ついにカレッジのダイニングだあ」とか思いましたが、2回目からはとくに気にもとめなくなり、それよりも、食事の単調さに飽きてきます。基本的にはカフェテリア形式で、ほしいものだけを選んで食べる、という形式です。ですが、実際には選択の余...

イギリス留学日記7 櫂を漕ぐ

先週の木曜日に、「パンティング」というのがありました。これは、ベネチアのゴンドラのようなもので、船を櫂で漕いで、川を回る、というものです。放課後のエクスカーションでした。僕は、イタリア人の男子と、ロシア人の女子2人のチームに入りました。計4人です。で、乗ったとたんに、僕に櫂が渡されました。イタリア人は、オタク、という感じの男子で、身長は大きいのですが細く、運動神経は自信なさげ。ロシア人の二人は超大...

イギリス留学日記8 オックスフォードの愉快な仲間たち2

クラスメートに一人だけ日本人がいます。日本人なので、名前を伏せて、Nさん、としときます。Nさん、じつは学校の先生。都内の中高一貫の学校の英語教師で、まだ20代です。彼は「留学中は日本人同士でも英語で話そう」という持論なので、基本的に、彼と話すときは英語です。その心がけはすばらしいと思います。ただ、ちょっと残念なことに、Nさんの英語はわかりにくい。文法的に正しい英語を話しているようなのだけれど、妙に込...

イギリス留学日記9 映画館はしょぼい

日本の映画館より、イスとかいいのかな、と思ったら、そんなことないです。狭いし、イスも大きくはないです。何より、画面にたいして角度がつきすぎている席があり、そこにあたると、とても見れたものではない。日本のシネマコンプレックスのほうが快適です。...

イギリス留学日記10 帰国しました

更新が途絶えていて恐縮ですが、現地で忙しかったためです。で、今日、さっき、帰国しました。お盆休みのピークに、揺られ揺られて11時間、なんとか家に帰り着いたところです。でも、「イギリス留学日記」はもう少し続きます。忘れないうちに、頑張って書きます。...

イギリス留学日記11 中国人エリートの卵たち

私たちの留学しているカレッジには、もう1グループ、サマーコースに来ている人たちがいました。中国政法大学の学生たちで、4週間の法律のコースを受講しているとのことです。ダイニングでの食事が同じなので、いつも顔を合わせます。そのうちに知り合いもできました。で、少し話を聞きました。・受講費用は2200ポンドで、そのうちの1000ポンドがスカラーシップで賄われている。自費は1200ポンドの負担。・スカラーシ...

イギリス留学日記12 オックスフォードの愉快な仲間たち3

さて、ここでその他の仲間たちを紹介しましょう。人数は、週によって増減しますが、僕が知り合った人の数です。まずはロシア編です。・ロシア勢(4人+1)ロシア勢は4人で、それにカザフスタン出身のボタが加わります。ボタはモスクワに留学中なので、ロシア語に堪能です。彼女は、モスクワで数学を勉強している21歳。3週間の日程でこちらに来ています。素直でかわいらしいですが、ときにロシア的身勝手さを発揮します。たと...

イギリス留学日記13 オックスフォードの愉快な仲間たち4

・ポーランド勢(4人)女3、男1で、女2とはほとんど話す機会がなく、クラスもちがったので知りません。残る女性のポーラは、高校1年の16歳。初めての海外ということでしたが、英語はかなり上手で、アタマも良さそう。男1のマイケル(ミハイル)は、16歳の高校生。夜女の子を誘って飲みに行ったりと、かなり外交的な部分も発揮していましたが、同年代の男が少なく寂しそうでした。ポーラもマイケルも、イギリスかフランス...

あなたへのおすすめ

Top