鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「鉄道の津波被災」のカテゴリを含む記事

竹駒駅、上鹿折駅 (東日本大震災・鉄道の津波被災を追う12)

 陸前高田から、大船渡線に沿って気仙沼方面にクルマを走らせる。陸前高田駅から2.9キロ離れた竹駒駅でも、津波被害を受けた。 ただ、陸前高田市街のように、何メートルもの高い津波が押し寄せてきたわけではないようで、近くの民家は無事なものが多い。それなのに、瓦礫やら住居の残骸などが線路上には積み上がっている。それほど高くない潮の流れが、このあたりをおそったようだ。 待合室の中もめちゃめちゃになっている。...

気仙沼駅 (東日本大震災・鉄道の津波被災を追う13)

 気仙沼は、津波が押し寄せた夜に、大規模な火災が発生した。そのときの、黒こげた船が、いまも港に残されている。 気仙沼はこのあたりでは大きな港湾だっただけに、津波のときにも多数の船がいたようだ。そのため、船が多数陸に乗り上げてしまった。 現在もその除去が済んでいないために、市街地の道路が乗り上げ船舶によって寸断されている。ただ、災害から2ヶ月が経ち、船舶を避けての迂回路もつくられている。舗装する時間...

三陸の鉄道は復旧できるか(東日本大震災・鉄道の津波被災を追う14)

 JR東日本の清野社長は、被災した鉄道路線をすべて復旧させると明言している。しかし、その道筋ははっきりしない。 現地を見てみた印象では、津波被害を受けなかった区間も多く、それらの区間の復旧作業はそれほど困難ではないようにも見える。津波被災区間にしても、土地は残されているのだから線路を復旧させることは十分可能だ。ゼロから路盤を造り直すのに近い作業になりそうだが、JR東日本ならば、土地さえあればそれほ...

あなたへのおすすめ

Top