鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「南仏プロヴァンス」のカテゴリを含む記事

マルセイユの監獄島へ(2013年南仏プロヴァンスに住んだつもり旅12)

マルセイユは、南フランスを代表する都市です。とはいうものの、観光的にはさしたる見どころはありません。ブイヤ・ベースが有名ですが、本物のブイヤ・ベースを食べるのは大変らしいので、それをパスすると、あまり見どころはありません。それでも筆者はマルセイユが気になっていました。その理由は、マルセイユは幕末から戦前にかけて、日本人が渡欧した際のヨーロッパの玄関口だったからです。たとえば、福沢諭吉らが随行した文...

フランス・アパートホテル旅のススメ(2013年南仏プロヴァンスに住んだつもり旅13)

マルセイユを往復した翌日にパリに戻り、3日ほど滞在してフランスを離れました。パリはいまさら書くこともないので省略しますが、パリでもアパートホテルに泊まりました。要するに、フランス滞在中、アヴィニョンとパリでずっとアパートホテルを利用していたわけです。アヴィニョンが「テムズレジデンスホテル」(Thames Residences-Hotels)、パリが「シタディーン バスティーユ ガール ド リヨン パリ」(Citadines Bastille Gar...

いまさら南回りのヨーロッパ。(タイ航空のビジネスクラスでパリまで行ってみた1)

ビジネスクラスでヨーロッパ!というと憧れですね。しかし、オンシーズンの日系やヨーロッパ系の航空会社は、安くて50万円、高いと100万円くらいします。いくら何でも、旅行にそんなお金は出せない!とお考えの方も多いと思います。というか私です。ところが、航空券検索サイトを使うと、30万円台でのヨーロッパ行きビジネスクラスもヒットします。その多くはアジア系。古い表現をすると「南回りのヨーロッパ線チケット」です。な...

タイ航空A380ビジネスクラス成田/バンコク/パリ線のレビューと感想(タイ航空のビジネスクラスでパリまで行ってみた2)

ということで、まずは往路。TG677便は成田発17時25分なので、都内の自宅を昼過ぎに出れば間に合います。早起きしなくていいのでラクです。成田空港はANAのビジネスクラスラウンジを使用。ゴールデンウィークの初日なので混雑しており、あまり居心地は良くなかったですね。軽食もあまりありませんでした。いよいよ搭乗。2階席用のボーディングブリッジから乗ります。シート。イメージしていたよりは小さいです。ですが個室感はあり...

あなたへのおすすめ

Top