鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

「北海道新幹線で消える」のカテゴリを含む記事

弘南鉄道大鰐線(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ4)

弘南鉄道大鰐線は、青森県の中央弘前駅と大鰐駅を結ぶ13.9kmのローカル私鉄です。1952年に開業した戦後の私鉄ですが、経営は不振が続き、弘南鉄道の社長が2017年3月31日限りで廃止する方針を明らかにしています。大鰐線の利用者数は1974年度の約389万8000人がピーク。2012年度は約57万6000人に減少。これはピーク時の14.8%にすぎません。1日あたりならば1500人程度。バスで運べない数ではありません。大鰐駅は、JRの大鰐温泉駅と...

津軽今別駅(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ5)

北海道新幹線は、青函トンネルとその前後において、在来線である津軽海峡線と線路を共有します。共有区間は中小国~木古内間ですが、この間に駅が二つあります。一つが津軽今別駅、一つが知内駅です。このうち、津軽今別駅は、「奥津軽駅(仮称)」として、新幹線駅に生まれ変わることが決まっています。いずれにしろ、現在の津軽今別駅は姿を消しますので、その前に訪れておきます。津軽今別駅に停車する列車は1日2本だけ。そのた...

485系白鳥(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ6)

北海道新幹線が開業すると、青函トンネルから在来線の旅客列車は姿を消します。旅客列車は新幹線のみとなりますので、在来線の特急「白鳥」「スーパー白鳥」はともに姿を消します。「スーパー白鳥」の車両である789系は、北海道内のどこかに転属される見通しですが、「白鳥」の車両485系は廃車になる可能性が高いようです。そのため、知内駅から乗った「白鳥」も「北海道新幹線開業までに消えそうな列車」に該当します。津軽今別駅...

知内駅(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ7)

知内駅も、津軽今別駅同様、地元の請願駅です。青函トンネル建設時は信号場として計画されてきましたが、津軽海峡線開業時に地元の要請で駅になりました。停車する列車数も、津軽今別駅同様、1日2往復です。津軽今別駅と異なるのは、北海道新幹線開業時に、知内駅は廃止される見通しということです。国土交通省の新幹線の建設資料などを見ると、開業後の知内駅は「湯の里信号場」と表記されています。津軽今別駅は「奥津軽駅」と表...

湯ノ岱駅(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ8)

木古内駅は、かつては北海道のローカル線の小さな分岐駅でした。それが津軽海峡線の開業にともなって重要な拠点駅になり、さらに北海道新幹線の開業にともなって新幹線駅に昇格します。出世魚のような駅です。実際、木古内駅の前に何度立ってみても、ここの新幹線駅ができるとは信じられません。駅前には寂れた商店街があるだけでしたが、今回訪れてみると、駅前に大きなドラッグストアが開店準備をしていました。新幹線駅になると...

789系スーパー白鳥(北海道新幹線開業までに消えそうな列車と駅へ9)

湯ノ岱13時38分発の江差線で木古内に戻り、新青森行特急「スーパー白鳥34号」を待ちます。2か月前にも同じ列車に乗りましたが、この789系「スーパー白鳥」も2015年に姿を消します。ただし、789系自体は転属される見通しで、廃車になるわけではありません。今回は自由席。連休の最終日ということもあって、車内は混雑しています。筆者はなんとか座れましたが、立っている人も大勢いました。自由席の通路にまで人があふれている特急...

あなたへのおすすめ

Top