鎌倉淳ブログ

旅と日常と、たまに美味しいもの

リゾナーレ八ヶ岳の混浴「もくもく湯」に入ってみた【リゾナーレ子連れ旅行記6】

「リゾナーレ小淵沢」時代になく、「リゾナーレ八ヶ岳」になってからできたもの。それが、「もくもく湯」です。リゾナーレ小淵沢ができた1992年当時、「洋式ホテルに大浴場」という取り合わせは、あまりなかった気がします。天然温泉がないリゾナーレには、当然のように大浴場はありませんでした。星野リゾートに経営が移った後の2006年、「もくもく湯」がオープン。内湯のほか、混浴の露天風呂があるのが特徴です。混浴といっても...

リゾナーレ八ヶ岳「ワイワイグリル」。星野リゾートらしい高級ビュッフェ【リゾナーレ子連れ旅行記5】

「ままらくだベビーウェルカムプラン」は、2食付き宿泊プランです。食事は「ワイワイグリル」というレストランのビュッフェです。指定された時間に入ってみると、すでに先客が多数。客のほとんどはファミリーで、1~2歳の乳児連れも少なくありません。この雰囲気に「ほっ」とします。子ども連れで外食するときに何に気をつかうかと言えば、自分の息子の叫び声。赤ん坊ならみな同じと思いますが、筆者の息子も大声を出しますし、し...

波のプール「イルマーレ」に1歳児と行ってみる【リゾナーレ子連れ旅行記4】

リゾナーレ八ヶ岳に到着後、波のプール「イルマーレ」へ行きます。1歳の息子をプールに入れるのは、今回の旅の目的の一つです。おむつの取れない1歳児が入れるプールは、世の中に多くはありません。その意味で、イルマーレは貴重な施設です。画像:リゾナーレ八ヶ岳ホームページより水遊び用おむつを履かせ、水着はレンタルし、いざ、プールへ。イルマーレには「波のプール」「子供用プール」という二つのプールと「ホットタブ」と...

リゾナーレ八ヶ岳に泊まってみた【リゾナーレ子連れ旅行記3】

リゾナーレ八ヶ岳は、中央道小淵沢インターの近くにあります。東京から約150km。子連れで出かけるには、ちょうどいい距離です。運転していても、疲れる前に着けますし。リゾナーレ八ヶ岳。ちょうど、ハロウィンのイベントが始まっていました。開業は1992年。当初はマイカル系の会員制リゾートホテルで、名称は「リゾナーレ小淵沢」といいました。バブルの終わりかけにオープンした、「バブルリゾート」です。マイカルが破綻した後...

談合坂サービスエリア「甲州ほうとう 瓦家」の感想【リゾナーレ子連れ旅行記2】

リゾナーレ八ヶ岳までの交通機関はレンタカー。「カローラフィルダー」というワゴンタイプを借りました。マイカーに比べ、レンタカーは、そのとき必要なタイプのクルマを借りられるのがメリットですね。さて、中央道を走り、談合坂SAで休憩。フードコートで食事をします。談合坂SAは、中央道でもっとも施設が充実しています。フードコートの店舗も多く、どこで食べるのか悩むほど。久しぶりに山梨まで来たので、ほうとうを食べてみ...

初めて「子連れ旅行」に挑戦してみた。1歳児を連れてリゾナーレ八ヶ岳に宿泊してみる。【リゾナーレ子連れ旅行記1】

子どもができて喜んだ理由はいくつもありますが、その一つは、「子連れ旅ができる!」ということ。子連れ旅は、子どもがいる家庭だけが楽しめる特権です。が、実際に育児に携わると、思った以上に大変です。家で子どもの世話をするだけで大変なのに、外に出かけるなんて! と、最初の勢いはどこへやら。日帰りのお出かけはするものの、宿泊旅行となると、二の足を踏んでいました。しかし、息子も1歳半を過ぎ、そろそろ行けるので...

100本のスプーン FUTAKOTAMAGAWA

二子玉川にある、新しいタイプのファミリーレストラン。スープストックが展開しているそうです。親子で行けるのがコンセプトだそうで。週末だったので、入るのに20分待ち。オーダーしたのは、「えびとエビと海老のドリア」。スープストックらしい味でおいしかったです。何より、子供が騒いでも、気にしないでいいのが気楽でした。値段は少し高かったですが。...

東急「あんしんリフォーム」とはいうものの【リフォーム体験記15】

引き渡し前にいくつかの問題点を指摘し、追加工事をしてもらったため、引き渡しは2週間遅れました。これは想定の範囲内です。ようやく完成となり、引き渡しを受け、残金を支払いました。ところが、引っ越しのときに、さらなる大問題がわかりました。新しく仕事用につくった書斎に電話線を引いたのですが、ここに光ケーブルを引けないのです。「書斎に電話線を引いて、光対応できるようにしておいて」と伝えていたつもりでしたが、...

完成と補修【リフォーム体験記14】

リフォーム工事はほぼ日程通り、順調に進みました。リフォーム中も、部屋の内部を見に行くことはでき、ちょくちょく覗いてみました。が、正直なところ、工事が丁寧なのかどうか、きちんとやっているのかどうか、素人が見てもあまりよくわかりません。ひととおり完成した頃、正式な引き渡しの前に、部屋を覗いてみました。部屋に入った瞬間は、おお、きれい! とテンションが上がります。壁紙とフローリングが張り替えられると、本...

札幌市電都心線【東北・北海道落ち穂拾いの旅8】

西4丁目-すすきの 0.4km札幌市電都心線は、西4丁目~すすきの間の400mほどの路線です。両駅をつなぐことで、札幌市電がループ化し、「循環線」として運転を開始しました。この区間は、ずいぶん前から「ここさえつながれば環状運転できるのに」と思われていた一方で、札幌市内の中心街のメインストリートということもあり、路面電車の線路を敷くのは難しいだろうな、とも推察されました。そこに線路を敷いて、ループ化を実現した...

あなたへのおすすめ

Top