最新記事
  • 新幹線乗り継ぎ小旅行
    大宮~東京、東京~新横浜と、新幹線を乗り継いで旅をしました。5歳の息子にとっては、「やまびこ・つばさ」と「のぞみ」を一気に乗り継いで体験できた次第。小学校に上がると子ども運賃・料金がかかるので、その前に自由席を利用して新幹線体験をさせてしまおう、という算段でした。新型コロナの影響か、どちらの列車も自由席がガラガラで、東京近郊、新幹線乗り継ぎの旅を楽しめました。本格的な新幹線の旅はお預けですが、こう... 続きを読む
  • 上越市立水族博物館「うみがたり」
    上越市立水族博物館は、新潟県上越市に古くからある水族館です。もともとは1934年に開館した私立博物館が発祥だそうですが、1954年に市営に移管されました。1980年に竣工した施設が老朽化したとして、2018年に新施設でリニューアルオープン。このとき「うみがたり」という愛称が付けられました。上越市という人口20万人規模の地方都市の公営水族館のわりには規模が大きいようで、現存する水族館としては最新の建物です。ただ、残念... 続きを読む
  • 再開後の東京ディズニーランドに行ってみた。超ガラガラで、子連れにやさしい!
    新型コロナウイルス感染症の影響で2020年2月29日から閉園していた東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが、7月1日から営業を再開しました。再開から約1週間後、家族を連れて東京ディズニーランドを訪れてみました。営業再開後の東京ディズニーランドは、入場者数規制をしています。「エントランス周辺でのソーシャルディスタンスを確保するため」という理由で、入園可能な時間が異なる3種類のチケットを販売。午前8時から入園... 続きを読む
  • ココナッツサブレ
    幼い頃の菓子は、甘い記憶とともに残ります。筆者の場合は、ココナッツサブレでした。土曜日の幼稚園は弁当がなく、園で出されたココナッツサブレ2枚を牛乳とともに食べて帰宅します。筆者は、このほのかに甘いサブレが大好きでした。ココナッツサブレはいまに至るまで販売が続けられています。発売開始は1965年で、以来半世紀以上も売られ続けているとのこと。ただ、大袋入りなのが難点で、買っても食べきれないので、あまり購入... 続きを読む
  • この虫なあに?
    川崎の生田緑地。枡形山の頂上近くで、ベンチに座っていると、息子が「この虫なあに?」と指さしました。ハエです。おお、ハエを知らないのか、と一瞬のけぞりましたが、たしかに、ハエって、都内ではそんなに見ないですね。自宅がマンションということもあり、家にハエが入ってくることはほとんどありません。もちろん、都内にもハエは存在はしていますし、息子も見たことはあるのでしょう。でも気づいていなかったというか、気に... 続きを読む
  • 「駿豆花」 エキュート上野店
    JR上野駅公園口は、新駅舎になり、駅前広場も整備されて、上野公園へのアクセスがとてもよくなりました。その新駅舎には「エキュート」という、JR東日本系列のエキナカ商業施設があり、「駿豆花」はそのテナントです。名物は「豆花」というスイーツですが、夕食に入ったので、「台北式 ルーロー飯セット」をお願いしました。台湾の伝統的な煮込み豚肉かけご飯です。豚肉がじつに台湾らしい味で、台湾に行ったかのような気分に浸れ... 続きを読む
  • 藤子・F・不二雄ミュージアムに行った話
    私が子どもの頃、藤子不二雄は藤子不二雄であって、「A」とか「F」とかいう区別はありませんでした。『ドラえもん』の作者は「藤子不二雄」であり、我孫子素雄と藤本弘の合作とされていました。藤子不二雄がコンビを解消したのは1988年で、そのときに『ドラえもん』が藤本氏の作品であることが明らかにされました。私が大学に入った頃です。私は年齢的にドラえもんを卒業していましたが、藤子不二雄のさまざまな作品が共作ではなく... 続きを読む
  • 藤子・F・不二雄ミュージアムの駐車場の話
    国民的アニメといえばドラえもん。その博物館といえば、藤子・F・不二雄ミュージアムです。コロナ明けで、ちょうどいい機会なので、行ってみました。場所は川崎市の生田緑地の近く。「なんだ、家からクルマで行けばすぐじゃん」とぬか喜びしたら、駐車場がないとのこと。電車で行く場合は、小田急向ヶ丘遊園駅徒歩16分か、南武線宿河原駅徒歩15分とのことで、幼児が歩くにはちと遠いです。登戸駅や梶が谷駅からバスが出ているもの... 続きを読む
  • 『徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと』ちきりん【ブックレビュー】
    私は中古マンションを2度買ったことがあり、1度目は壁紙の張り替え程度でリフォームはなし。2度目は一部の間取りを変更したリフォームを行いました。リフォームというのは本当に大変で、部分リフォームであっても「今度は新築マンションがいいな」としみじみ思ったものです。スケルトンリフォームとなると、さらに大変なことでしょう。そう思って手に取ったのが、ちきりんさんの「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたく... 続きを読む
  • 100円ショップ画用紙とチラシの裏
    ここ数日、息子の執筆意欲が爆発中です。紙に何枚も絵を描いたり文字を書いたりして、「本」にするという作業に熱中しています。それ以外にも、迷路を描いたり、カレンダーを作ったりしています。今日も朝からダイニングテーブルは紙の山です。使っているのは100円ショップの画用紙です。80枚100円の小さな画用紙を、惜しみもなく使っていきます。毎日1セット使っても月3,000円なので、それで1日遊んでくれるなら高くはないのです... 続きを読む

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数