最新記事
  • こどもの森わんぱくランド
    神奈川県立生命の星・地球博物館が、息子的にはあまりおもしろくなったようで、早々に引き上げ、立ち寄ったのが、こどもの森わんぱくランド。生きている虫を捕まえたいらしいので、森が多そうな場所に行きました。セミがぎんぎん鳴いていて、これは採れるかな、と思ったのですが、どうもタイミングがあわず。残念ながら、採れませんでした。しかし、遊具も多く、空いていて、子どもが遊ぶにはとても素敵な場所でした。いずれまた来... 続きを読む
  • 神奈川県立生命の星・地球博物館
    昆虫の展示があるらしく、息子が興味を持ったので、出かけて見ました。小田原は遠いですが、高速出口から近いので、用賀から1時間かかりません。意外と近い。恐竜の模型など、なかなかダイナミックな展示です。昆虫標本も豊富で、世界のさまざまなカブトムシが展示されていたりします。ただ、生きているものはいないので、そこは息子的に面白くなかったようです。とても立派な博物館ですが、小1にはちょっと早いかな。地学や生物に... 続きを読む
  • 関越交通水上線
    (谷川岳ロープウェイ~上毛高原)天神平を訪れた後は、谷川岳ロープウェイから上毛高原まで、バスに乗りました。関越交通水上線です。往路は土合駅前~谷川岳ロープウェイだけでしたが、帰りは全線に乗ります。谷川岳出発時の客は、私一人だけ。出発後、土合駅まではくねくね道を走り、その後、湯檜曽の先で県道63号と合流するまでは、やや細めの道を走り乗りこたえがあります。その先は、幹線道路を走るだけで、あんまり面白くな... 続きを読む
  • 谷川岳ロープウェイ
    土合駅前から谷川岳ロープウェイ行きのバスに乗ります。終点下車。さらに谷川岳ロープウェイの土合口駅からロープウェイ(というかゴンドラ)に乗りつぎます。天神平駅。スキー場ど真ん中ですね。冬ならゲレンデで滑りたいところですが、今は夏なので、草が生えているだけです。さらにリフトに乗ります。冬に乗ったらスキーですが、いまは登山用です。天神峠に到着。標高1502m。さすがに、ここまで来ると涼しいです。あいにく、曇... 続きを読む
  • 土合駅に行ってみた
    土合駅に行ったことがなかったので、行ってみました。高崎からの普通列車で、水上駅に13時07分着。13時40分発の長岡行きに乗り継ぎます。実際には、新潟県内の集中豪雨の影響で、30分ほど遅れてしまいましたが。土合。驚いたのは、駅のホームにたくさんの人がいたこと。到着列車にフラッシュを浴びせかけます。おお、さすが鉄道名所。こんなに乗ってくるのか。と思ったら、乗ってくる人は誰もおらず、降りたのも私一人。みなさん、... 続きを読む
  • ワクチン2回接種
    ファイザー製の、新型コロナワクチンを、このほど打ちました。1回目は、打たれた肩が痛かったのと、腰痛が生じたくらいで、熱はでませんでした。なので、「ちょろいちょろい」と思っていました。が、2回目はちがいました。午前中に接種して、翌朝には発熱。1日中、37度台後半から38度台前半の発熱が続きました。38度の熱なんて久しぶりだから、結構だるかったです。ただ、風邪などとは違い、咳や鼻水、のどの痛み、悪寒などは伴わ... 続きを読む
  • カブトムシ長者
    息子とセミ捕りに砧公園に行ったところ、捕れませんでした。セミなんて、自分が子どもの頃は簡単に捕れた気がしますが、あれは気のせいだったのかしら?砧公園に関して言えば、木が高すぎて、低い位置にセミがいないのですね。セミ捕りは近所の公園の低木のほうがいい、ということを、この年齢になって理解しました。収穫なくしょぼしょぼと家路につこうとしていると、水洗い場でカブトムシをカゴにたくさん入れているお兄さんを、... 続きを読む
  • シェア畑で夏の収穫
    シェア畑の家庭菜園が、収穫の時期を迎えています。プチトマト、キュウリ、エダマメ。このうち、ぶっちぎりでうまいのはエダマメですね。その日に採ったエダマメを、夜に食べると、甘くてすごく美味しい。プチトマトと、キュウリは、まあ、普通というか。それほどの感動はありません。どちらも、鮮度がモノをいう野菜ではないからでしょうね。プチトマトは、採ってから完熟させないと甘くならないようですし。それにしても、私のよ... 続きを読む
  • メダカをめぐる冒険
    いつもの池で小魚を捕まえた後、息子が「飼いたい」といったのですが、池の魚を水槽で飼うのは難しそう。代わりに、メダカを飼うことにしました。その足でコーナンに行って、メダカを飼いたいと店員さんに伝えると、親切にも一通り飼い方を教えてくれました。で、水槽と餌などを一通り揃えて、クロメダカを3匹連れて帰りました。しかし、3日後に1匹が死亡。10日ほど後にも、残りの2匹が死んでしまいました。原因を推測すると、1匹... 続きを読む
  • 手をつなぐのも、本当にあと少し
    「手をつなぐのも、あと少し」という記事を書いたのは3月のこと。幼稚園卒園を控えてのタイミングでした。卒園とともに、息子の手を引いて登園することもなくなるだろう、という話です。あれから3ヶ月が経ち、息子は小学校に通っています。一人で通学するのを嫌がるので、いまのところ、朝は私が同行しています。4月は、小学校の門近くの信号まで、手つなぎ登校でした。手を放そうとすると、ぐっと握り返してきます。この頃、息子... 続きを読む

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数