• 新幹線リレー号に583系
    普通となっていた東北新幹線のうち、那須塩原-福島間が4月12日に開通しました。同時に、福島-仙台間の在来線に「新幹線リレー号」が運転されはじめ、乗り継げば東京-仙台間が3時間ほどでいけるようになりました。まずはめでたいですね。で、その「新幹線リレー号」ですが、共同通信のニュース写真を見て驚きました。583系が充当されているのです。(写真は共同通信47NEWSより。東北新幹線に接続して福島からJR仙台駅に到着... 続きを読む
  • マレー鉄道のシンガポール駅、保存へ
    マレー鉄道のシンガポール国内区間が、今年6月いっぱいで廃止されます。「マレー鉄道・西海岸線」で書きましたが、この路線の終点のシンガポール駅(タンジョン・パガー駅)は、植民地時代の面影を残す雰囲気のある駅舎です。これが取り壊されてしまうのかと心配しておりましたが、マレーシアからの報道によると、駅舎はシンガポールの保存建築物に指定されて、保存が決定したそうです。ただ、保存されるのは建物だけですから、内... 続きを読む
  • 原子力政策の最大の誤りは“文民統制”できなかったこと
    週刊ダイヤモンド4月16日号(4月11日発売)に掲載された八田達夫のコラムが的を得ている。タイトルは、「原子力政策の最大の誤りは“文民統制”できなかったこと」。簡単に書くと、「原子力村」の専門家集団に部外者が介入できなくなり、「原子力村民」が彼らの都合だけで原子力政策を事実上決定してきた。それが今回の事故の要因のひとつになった、ということである。東京電力の対応をみて、戦前の日本の陸軍を思い浮かべた人... 続きを読む
  • 三陸鉄道社長からのメッセージ
    三陸鉄道社長からのメッセージが発表されました。三陸鉄道は、宮古~久慈間の北リアス線(71キロ)と盛~釜石間の南リアス線(36.6キロ)の2路線があり、北リアス線の約半分にあたる宮古~小本間と陸中野田~久慈間は、3月末までに同社が自力で復旧させています。しかし、残りの北リアス線の残り半分と南リアス線の全区間は、自力で復旧できないと、社長は明かしています。とくに、被災の深刻な南リアス線が心配です。... 続きを読む
  • JR東日本社長が、被災7路線の復旧を明言
    昨日のエントリ「津波を受けた東北の鉄道路線は復旧するのか」で記述したJR被災路線についてですが、JR社長が復旧を明言しました。4月5日付読売新聞が報じました。-------------------------------------------------&... 続きを読む
  • 津波を受けた東北の鉄道路線は復旧するのか
    学生の頃、常磐線から三陸縦貫線を乗り継いで、青森まで太平洋沿岸の旅をしたことがある。美しい海を長めながらの鈍行列車の旅は、それはそれは素敵だった。しかし再び、そんな旅はできそうもない。JR東日本から発表された「津波を受けた7線区の点検状況」を見ると、津波被害の深刻さがわかる。(写真は常磐線坂本駅。JR東日本提供)これまでに確認された被害箇所は720カ所。それも駅舎の消失や路盤の流出など、鉄道設備を... 続きを読む
  • 巨人×楽天オープン戦in沖縄那覇(2011沖縄・南大東島旅行記番外編)
    南大東島から帰った翌日。帰京する日だが、この日は沖縄セルラースタジアム那覇にて、巨人×楽天のオープン戦がある。2011年シーズン初めての試合で、星野楽天の初陣という記念すべき一戦だ。事前にチケットを用意したので、観戦してから帰ることにする。が、あいにく小雨がぱらついていた。沖縄とはいえ、2月はまだ寒い。セルラースタジアム那覇は1960年竣工の古い球場だが、2010年春に改築が完了し、近代的で美しい球場... 続きを読む
  • 南大東島の市街地・在所の風景(2011沖縄・南大東島旅行記12)
    南大東島の市街地の地名は在所という。村役場、農協、製糖工場、商店、ホテルなどがそろった中心部というか、ここ以外にはほとんど人が住んでいない唯一の集落である。南大東島最後は、在所の風景をご紹介。農協。伝統的家屋が味わい深い。後ろにあるのは給水塔。Aコープ。島で唯一のこぎれいなスーパーマーケットである。デンマーク産の鶏肉とか売っていた。デンマークの鶏も、まさか日本の離島で食われるなんて思ってもみなかっ... 続きを読む
  • 南大東島一周の旅(2011沖縄・南大東島旅行記11)
    シュガートレインと星野洞のほかに、南大東島にはさしたる名所はない。が、クルマを借りたので、島を一周してみた。南大東島は周囲20キロほどの小さな島なので、ゆっくり走っても半日で観光できる。日の丸山展望台から見た遠景。ごらんの通り、結構農地が多い。島の面積の6割が農地で、そのほとんどがサトウキビ畑だそうだ。製糖工場。南大東島を支える産業である。サトウキビの収穫中。大池。南大東島には川はないが、こうした... 続きを読む

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数