• 大山ケーブルカーから大山山頂へ
    意外といっていない、近くの低山は多いもの。大山もその一つ。伊勢原駅9時20分頃のバスに乗ります。臨時バスが多数出ているので、来たバスに順に乗っていくという感じ。9時45分、大山ケーブル着。10時10分発のこちらも臨時便のケーブルに乗り、10時15分、山上駅阿夫利神社着。お参りして、10時31分登山開始。神社に向かって左側のルートから行きました。後で知ったのですが、これはメインルートではないようです。途中から表参道に... 続きを読む
  • BS-TBS「遥かなるサハリン紀行」の感想。間宮海峡を映像で見たのは初めてかも
    中村雅俊が探検家・高橋大輔氏とサハリンを巡った紀行。画像:TBSウェブサイト間宮海峡の映像を見たのは初めてかも知れません。びっくりするほど近いですね。そして浅そう。それにしても、サハリンと大陸の接点だというのに、あんなに道が悪く、行くのが大変だとは知りませんでした。内容の割には2時間の尺はやや長すぎ、間延び感がありました。しかし、それを除けば、サハリンの歴史と現状が伝わってくる好番組でした。民放で、こ... 続きを読む
  • 「作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ」の感想(ふるさと納税・津山市)
    ふるさと納税で地ビールはないかしらん、と探して見つけたのが岡山県津山市の「作州津山ビール 宇宙ラベルシリーズ」。このビールは、1万円の寄付で330ml入りビールが12本も送られてきます。他にも地ビールを謝礼品としているふるさと納税自治体はありますが、津山市が一番たくさんのビールを送ってくださります。ということで、結局またしてもコスパで決めて、申し込んでしまいました。しかし、いつまで経っても送られてこない。... 続きを読む
  • 2時間新宮市1周(「八木新宮特急バス」乗車記5)
    八木新宮特急バスの初便で新宮に到着すると、その後の選択肢は3つあります。新宮付近で宿泊して観光する、新宮駅からJR特急「くろしお」で大阪方面へ抜ける、特急「ワイドビュー南紀」で名古屋方面に抜ける、の3つです。ワイドビュー南紀で名古屋に抜ければ、新幹線を乗り継いでさらに東京まで当日中に行くことができます。筆者もこのルートを使って、東京まで帰ることにします。バスの到着が15時44分、ワイドビュー南紀8号の新宮... 続きを読む
  • 熊野本宮から新宮へ(「八木新宮特急バス」乗車記4)
    13時40分十津川温泉発。1分遅れ。乗客はバスファン5人だけとなりました。ここからは、奈良和歌山県境に向かいます。といってもまっすぐ向かうわけではなく、まずはホテル昴に寄ります。バス停には2人お客さんがいましたが、乗ってきませんでした。ここには他にバス路線はなく、あの二人は、どこへ行くバスを待っていたのでしょうか。二津野ダムを左に見て少し走ると、バイパスに入ります。このバイパスが、腰を抜かすほど立派な高... 続きを読む
  • 十津川村縦断(「八木新宮特急バス」乗車記3)
    上野地12時30分発。5分遅れです。道は広かったり、狭かったりしています。とはいえ、大型車と小型車のすれ違いなら問題はなく、昔に比べると道路整備が進んだようにも思えます。昔はもう少し狭隘な区間が多かった気がします。12時53分、風屋花園の手前で、八木行き「八木新宮特急バス」とすれ違い。新宮駅を9時59分に出た最終便です。八木行きは新宮行きに比べて、時間帯が早いです。13時07分十津川村役場。1分遅れ。久しぶりに乗... 続きを読む
  • 天辻峠を越えて谷瀬のつり橋へ(「八木新宮特急バス」乗車記2)
    天辻峠は、紀ノ川水系と熊野川水系の分水嶺です。紀ノ川と熊野川は紀伊半島の二大河川ですから、ここは紀伊半島最大の分水嶺ともいえます。かつては交通の難所だったようで、そのぶんトンネルの掘削も早かったようです。1959年に完成した新天辻トンネルで抜けます。トンネルの建設が早かった分、トンネル自体は古くなっていて、車幅は狭いと感じられます。しかし、これでも「新」なわけで、「旧天辻トンネル」はもっと狭かったよう... 続きを読む
  • 日本一の長距離路線バスに乗る(「八木新宮特急バス」乗車記1)
    日本一の長距離路線バスが、奈良交通の「八木新宮線」です。この路線を走るバスが「八木新宮特急バス」。近鉄大和八木駅から、JR紀勢本線新宮駅までの166.9kmを約6時間30分かけて走破します。最近の路線バスブームもあって、有名になってきました。このバスの途中部分にあたる、五条駅~十津川温泉までは、何度か乗ったことがあります。最初に乗ったのは、たぶん1989年だったと思います。その当時から、「十津川方面へのバスは五条... 続きを読む
  • 南海特急「サザンプレミアム」12000系に乗ってみた
    友が島訪問を終え、加太から大阪に向かいます。いったん和歌山市駅へ出て、そこから特急「サザン」に乗ります。1ヶ月前と同じ経路です。1ヶ月間に乗ったサザンは、懐かしの10000系でしたが…、今日は最新鋭の12000系、いわゆる「サザンプレミアム」です。全回、10000系に乗ったときは、シートがへたっていて、さすがに「寿命」を感じたのですが、12000系のシートはいいですね。ホールド感がしっかりしています。電源コンセントも付... 続きを読む
  • 友が島南部をめぐる(3時間友が島半周旅行記3)
    第1砲台を出て、坂を下ると、池尻キャンプ場に着きます。夏はここでキャンプをしている人がいるようですが、筆者が訪れたときはテントは全くありませんでした。キャンプ場に隣接する孝助松海岸。海水浴場だった場所のようですが、砂浜というよりは石の浜で、泳ぐ気にはなれません。友が島というと、海水浴場というイメージがあったのですが、この浜で泳ぐなら、片男波海水浴場にでも行った方がいいような。ゴミも多いのですが、こ... 続きを読む

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数