チキンな日々

イエメンでもっともおいしいもの。
といえば、チキンです。
鶏の丸焼きですね。

チキンが特別にうまい、というよりは、ほかにおいしいものがないからなのですが、
それはおいといても、鶏の丸焼きはうまい。

注文するときは、だいたいハーフ、つまり半分を食べます。
で、それをむしりながら食べるわけです。
まず、皮がうまい。
ぱりぱりに焼けて、もうたまらん。
そして、もも肉の脂もいい。
さらに、あっさりの笹身。
自分がどこの肉を食べているのかがわかり、
勉強にもなります。

こちらにきて、もう3羽くらい食べました。
何羽食べたかがわかるのが、おもしろいですね。

それにしても、なんで、鶏の丸焼きって、日本じゃないのだろう?

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数