白樺高原国際スキー場でソリデビュー

スキーは楽しいですが、降雪時に滑るのは大変なので、できれば晴れて欲しいです。子連れならなおさらです。子どもは吹雪いている中で雪遊びをさせられないので、スキー場はできるだけ晴れるのが好ましいです。

そういう意味で、蓼科・白樺湖エリアのスキー場は、素晴らしいです。晴天率が70~80%。行けばだいたい晴れている、というのは、ファミリースキーにはありがたいです。

白樺高原国際スキー場

前回の蓼科東急で味を占めた私たちは、ふたたび蓼科エリアに子どもを連れてやってきました。今回は、白樺高原国際スキー場です。蓼科エリアでも奥地に位置し、蓼科東急よりも標高が高いです。

スキー専用ゲレンデです。いまどきスキー専用とは珍しいですが、おかげで子どもにスキーデビューをさせたいファミリーには人気があります。

白樺高原国際スキー場

ゲレンデにはキッズスペースがあり、日本最長という102mスノーエスカレーターが備えられています。これで難なく上まであがり、ソリで滑り降りることができます。妻の先導で、我が子も無事、本格的なソリデビューができました。

残念な点は、キッズゲレンデの横幅が狭いこと。それもあってか、我が子は後ろから来た子に衝突されて、やる気がなくなってしまいました。

白樺高原国際スキー場

大人が滑るゲレンデは、主に3つのコース。初級、中級、上級と分類はされていますが、どの斜面も大差ありません。ブレーキングができれば難なく滑れるゲレンデで、ねじれもなくフラット。練習に向いています。

この規模にしては珍しく、ゴンドラも完備。定員乗車を徹底しているのは、さすが首都圏に近いゲレンデで、規律正しい。おかげで、列の長さの割には待たずに乗れました。

ゴンドラ全長は1,260m。スキー場のゴンドラとしては、国内を見渡してもかなり短い方だと思います。この距離でよく作ってくれましたね。乗っているとラクです。

白樺高原国際スキー場

ファミリー向けスキー場らしく、コースにはキッズが多いです。とくにメインコースは、スキースクールのキッズが群れをなして雁行するので、注意が必要です。サラブレッドコースという、やや傾斜のきついコースのほうが、人が少なくて滑りやすい。

白樺高原国際スキー場

全体としてシンプルで滑りやすいスキー場ですが、難点は、ベースとなる白樺高原観光センターが、役所みたいな設備になっていることでしょうか。

レストランとレンタルくらいあればいいのですが、そういうのは、少し離れた別の建物。ここは立科町の公営スキー場だけに、レストランとレンタルは民間の役割で、町の建物であるセンターに入っていないのです。

いろいろ事情があるのでしょうが、駐車場からアクセスしやすいスキーセンターにレンタルもレストランもないというのは、やっぱり不便でした。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数