東武動物公園は乗りものアトラクションがすごい!

東武動物公園が開園したのは、1981年。「カバ園長」こと西山登志雄氏の手腕もあり、メディアで話題になりました。テレビCMも打っていて、ちょっとしたブームになったと記憶しています。

それから30余年。昔のようなブームはありませんが、それでも東武動物公園は、東武沿線を代表するレジャー施設として、存在感を保っています。

東武動物公園の魅力は、そのアクセスの便利さ。東武スカイツリーラインで、東武動物公園前まで急行で35分。駅から徒歩10分ほどなので、都心からでも1時間ほどで着けます。

クルマのアクセスも便利で、東北道の蓮田スマートICから西門まで10分ほどです。

東武動物公園

園内は広く、駅側の東門から、駐車場側の西門まで、直線距離で1.5kmほどあります。その広大な園内に、動物園のほか、遊園地やプール、乗馬施設といった多彩なレジャー施設が入っています。そのためか、東武動物公園は、最近「ハイブリッドレジャーランド」と称しています。

園内を横断する乗り物が、「太陽の恵み鉄道パークライン」。園内移動用の遊覧鉄道です。

東武動物公園

遊覧鉄道として珍しく、円周式ではなく2点間を往復します。中間のリバティーランド駅には交換設備まであり、週末はここで行き違いが行われます。両端の2駅には、機関車の方向転換のためのターンテーブルまであります。

東武動物公園

このターンテーブル、2線式です。2線式はきわめて珍しいです。

途中には遮断機付きの踏切もあります。鉄道会社が運営しているだけあって、とても本格的な遊覧鉄道です。

牽引する蒸気機関車はバッテリーカー。7両編成は遊覧鉄道としては長大で、牽引力が必要なためか機関車は3軸駆動になっています。バッテリーカーなので、車両的なおもしろさはあまりありませんが、長大編成は見ものです。



遊園地には、「ホルンさんのファーム鉄道」という、もう一つの遊覧鉄道があります。こちらは、農場を鉄道で回るという設定のテーマパーク系の鉄道アトラクションです。

東武動物公園

「太陽の恵み鉄道パークライン」が園内移動を目的としているのに対し、「ホルンさん」は、乗ることを楽しむアトラクションです。

遊園地の目玉アトラクションは、「新滑空水上コースターカワセミ」でしょうか。水上をアップダウン、急旋回する動きが特徴で、「カワセミになって滑空しているような新感覚コースター」だそうです。最高速度は87.2km/hです。

東武動物公園カワセミ
画像:東武動物公園ウェブサイトより

ファミリーなら、キッズエリアの「いたずらヤギ―のアスレチック砦」も良さそう。おすすめ。子どもがよく動いて、疲れてくれることでしょう。

東武動物公園


動物ではホワイトタイガーがハイライトでしょうか。ガラス展示の獣舎で睥睨しています。

東武動物公園

そのほか、ライオン、キリン、ゾウ、カバといった、基本的な動物は網羅しています。

東武動物公園

ペンギンさんもいます。

東武動物公園

動物の紹介が少なくなってしまいましたが、実際のところ、東武動物公園において、「動物園」はテーマパークの一要素に過ぎません。

遊園地を楽しむのもよし、動物を楽しむのもよし、キッズパークで走り回るのもよし、プールで泳ぐのもよし。

いろんな楽しみ方ができるのが、東武動物公園の魅力でしょうか。


関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数