東京ドームが「ロッテ×楽天戦」で満員御礼

パリーグの試合は、都内で見る機会が少ないのが難点です。東京近郊では、西武ドームか千葉マリンスタジアムまで行かないと、パリーグ本拠地がありません。どちらも都心から1時間近くかかります。

都内のパリーグファンにとって、救いの手は、たまに東京ドームで開かれるパリーグ球団の主催試合です。2019年は13試合のパリーグ公式戦が、東京ドームで開催日程が組まれています。

うち、日本ハムの主催試合が9試合。日ハムがドームを本拠地としていた時代の名残でしょう。日ハム以外では、ソフトバンクが2試合、楽天が1試合、ロッテが1試合です。

2019年のロッテ主催試合は8月22日。楽天戦でした。私はなんのけなしに、パ・リーグ試合を見たくてドームに足を運びました。

試合開始1時間前に着いたので、当日券を購入できましたが、驚くことに、この日は満員御礼。5回終了時に、アストロビジョンに満員御礼が告知されました。

東京ドーム

パリーグの、平日の、優勝争いとも無関係な試合で満員御礼というのは、昔のパリーグを知る者からすると、隔世の感があります。

30年前で言えば「ロッテ対近鉄」ですよ。当時はもう本当に、観客席の会話が球場に鳴り響くくらいの印象です。

それがまあ、今では東京ドームがびっちり埋まる観客動員。素晴らしいですね。

ロッテの東京ドームでの主催試合は、2016年に、球団創設25周年を記念して開催したのが始まりだそうです。千葉マリンスタジアムよりキャパの広い東京ドームでの開催で満員御礼、球団史上最多の44,000人を動員したと、下記の記事にはあります。

https://toyokeizai.net/articles/-/128144

東京ドームはやっぱり便利ですし、パリーグファンにとっては年に数回の貴重な機会です。そういう意味で、訪れたくなるイベントなのでしょう。

最近のパリーグの人気面でも地力を感じさせる、東京ドームの野球観戦となりました。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
8位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数