コロナ断捨離

本棚

コロナのおかげで、家にいる時間が増えました。増えた時間を使って、断捨離をしています。

今の家に引っ越して3年ほどになりますが、3年間使っていないものを中心に捨てていきます。



最初にターゲットになるのは、やっぱり本です。家の本棚にあふれていて、存在感が大きいですし。


私の場合、残す基準は2つです。

・資料性が高い
・捨てたら手に入らなくなる可能性が高い

この2つを満たすものは残します。それ以外は捨てる、というのが自己基準です。



とりあえず捨てたのは、『週刊 京都を歩く』。全50巻。




京都散策のときに使おうと揃えたものの、あまり活用していませんでした。ただ、資料性があると見て保存してきました。

2003年刊行だから、17年間も「いつか使う」と思って本棚の一角を占めていたわけです。

しかし、改めて見ると、ネット時代のいま、この本に載っている情報なんて、ウェブで簡単に手に入りそう。

2000年代前半は、まだネット情報はいまほど充実していなかったから、こういう本が売れたのでしょうか。


ということで、断捨離します。


パートワークは、『鉄道の旅』と『世界遺産』が残っていますが、まだこれらは捨てられません。『鉄道の旅』は、廃止になった路線が載っていて資料性がありますし、『世界遺産』はちょっと調べるときに便利。

ただ、これらも今後、どの程度読むのだろうか、と思うと、いずれ捨てなければならないですね。



あと捨てるべきなのは、文庫本でしょうか。老眼で文字の小さい本は読みづらくなったので、今後も入手可能な歴史小説を中心に捨てていきます。山岡荘八とか。

ちょっとでも読み返すと、おもしろくて捨てられなくなるので、中身を見ないで断捨離です。

コロナ断捨離、少しずつやっていきます。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数