藤子・F・不二雄ミュージアムの駐車場の話

国民的アニメといえばドラえもん。その博物館といえば、藤子・F・不二雄ミュージアムです。コロナ明けで、ちょうどいい機会なので、行ってみました。

場所は川崎市の生田緑地の近く。「なんだ、家からクルマで行けばすぐじゃん」とぬか喜びしたら、駐車場がないとのこと。電車で行く場合は、小田急向ヶ丘遊園駅徒歩16分か、南武線宿河原駅徒歩15分とのことで、幼児が歩くにはちと遠いです。

登戸駅や梶が谷駅からバスが出ているものの、バスは座れるか読めません。往路はまだしも、疲れた帰路にバスで立つ羽目になったら面倒かな、とも思いました。



で、結局クルマで行きました。ミュージアムの近所にコインパーキングがいくつかあるので、適当に停めればいいし、最悪でも徒歩10分ほどのダイエーに広い駐車場があるのは確認済です。

そう思って、当日、クルマで出かけてみると、ミュージアムのすぐ近くのコインパーキングに「空」の字が。「なんだ、楽勝じゃん」と思って鼻歌交じりで停めた私。子どものシートベルトを外して、念のため値段をチェックしたら、目を疑いました。


10分300円


……へ?


私は最初、30分300円かと思ったのです(この値段設定はよくある)。ですので、「なんかおかしいなあ」と二度見して、念のため三度見して、ようやく、一見さん狙いの怖い駐車場だと悟りました。

10分300円ということは、1時間1,800円、2時間3,600円、3時間5,400円です。最大料金はありません。うっかり値段を確認せずに藤子不二雄の世界を堪能していたら、1万円近い駐車場代を取られかねません。

あわてて、子どもを再びチャイルドシートに座らせて、ロックがかかる前に脱出しましたとさ。

いや~、川崎市の住宅街の真ん中に、銀座よりも高い駐車場があるとは知りませんでした。

念のためフォローしておくと、駐車場の値段は読める大きさできちんと表示していますし、2~3分停めたくらいではロックがかかりませんでしたので、悪質とまではいえないかもしれません。まあ、しかし、超お高いのは事実です。

コインパーキング
写真はイメージです!


それにしても、4台駐車スペースがあって、3台停まってましたけれど、みなさん、ちゃんと値段確認しているのでしょうか? 隣に停まっていた世田谷ナンバーのアウディとか、藤子不二雄ミュージアムに行っている感じでしたが、大丈夫だったでしょうか。アウディの人は、駐車場代5,000円とか、屁でもないのかもしれませんが。

ちなみに、この駐車場は、Googleマップの口コミでも悪評紛々でした。

私は道路の反対側の駐車場に止めました。そちらは相場通り、10分100円でした。高いですが、リーズナブルに感じてしまったのは、我ながら恐ろしいです。

ということで、藤子不二雄・F・ミュージアムのことを書こうと思いましたが、駐車場の話だけで終わってしまいました。続きはまた今度。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数