新江ノ島水族館

息子に「あつまれ動物の森」を買い与えてから、順調にはまっているわけですが、副次効果として、海の生き物に興味を持つようになりました。そのため、最近、水族館巡りをしているわけですが、今日は新江ノ島水族館です。

江ノ島というのは、東京からクルマで行きにくい場所で、高速道路の場合は、厚木から圏央道で茅ヶ崎を経て回り込みます。距離的には小田原に行くのと大差ない大回りです。

横浜新道から行くと距離は短いですが、藤沢付近の市街地で渋滞するので時間的には変わりませんし、一般道の渋滞は疲れますし、子どもは酔ってしまいます。ということで、圏央道経由でアプローチしたら、1時間余りで着きました。早い。

緊急事態宣言が出ていますので、週末にしてはだいぶ、空いています。それでも、多少の人出ありました。

新江ノ島水族館

さて、新・江ノ島水族館は、とてもバランスの取れた水族館です。いちばんの魅力は、相模湾と深海の展示でしょうか。カタクチシシラスの回遊水槽は珍しいですし、大水槽は身近な魚が多いので親しみが湧きます。

新江ノ島水族館

クラゲの展示も充実。

新江ノ島水族館

南洋の人気者の水槽もしっかりあります。

新江ノ島水族館

ペンギン、アザラシといった定番も見やすく展示されています。見ませんでしたが、ショーも人気。「どこの水族館がいいかしらん」と迷ったら、間違いなくおすすめできる水族館です。

しんかい2000も展示されています。

新江ノ島水族館


一通り見終わったあと、オーシャンデッキから富士山を眺めます。

新江ノ島水族館

相模湾の向こうに浮かぶ霊峰が、とても美しい。1月とは思えない、穏やかな小春日和でした。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数