房総横断鉄道

千葉県は、関東近郊のローカル私鉄の宝庫。そのなかで、いすみ鉄道と小湊鐵道は「房総横断鉄道」として売り出しています。

小湊鐵道の輸送密度は1,082、いすみ鉄道は539。(2018年度鉄道統計年報より計算)。両社とも、鉄道会社として存続していくには、なかなか厳しい数字です。でも、それだからこそ、ローカル線としての魅力があります。


小湊鐵道は、地方ローカル私鉄の雰囲気を今に伝えています。
房総横断鉄道

いすみ鉄道は、大多喜駅を中心に、国鉄時代のローカル線の雰囲気をよく残しています。
房総横断鉄道

どちらも、首都圏近郊だからこそ、ファンの訪問が多く、生き残ってこれた側面がありそう。

田園のなかを、ゆっくり走る、素敵なローカル線です。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数