諏訪高島城の桜

諏訪高島城

本来ならスキーをやるために蓼科に来たのですが、もう雪は溶けてしまっていました。キャンセルしてもよかったのですが、春休みに家にずっと居続けるのも健康に悪そうなので、出るだけ出てみました。

中央高速を走っていくと、標高が上がるにつれ、桜が満開に近づいていきます。そうか、都内では散りつつある桜が、長野では今が満開のようです。

それで、蓼科の宿に泊まり、桜を見に行きました。

これも本来なら高遠の桜を見たいところですが、とんでもなく混むらしいので、子連れには向きません。代わりに、諏訪地区の桜の名所として知られる、高島城にやってきました。

江戸時代は諏訪氏の居城でした。諏訪氏は、何となく武田信玄に滅ぼされたようなイメージですが、違う系統が復興して、江戸期を通じて諏訪の城主だったそうです。

諏訪の町中にあるので、それほど大きな城ではありませんが、桜には目を奪われます。満開の桜を堪能しました。東京と違い、それほど混んでいないのもいいですね。

その後、諏訪湖岸の公園も散策。足湯を試し、間欠泉も見られました。

諏訪間欠泉

うららかな春の、いい1日でした。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数