シェア畑をはじめてみた

シェア畑

シェア畑、というのは、民間の有料市民農園ですね。アグリメディアという会社が運営しています。

自治体などによる市民農園に比べると、段違いで値段は高いですし、貸し出してくれる面積は狭いです。その代わり、農具から苗まで、必要なものは全て用意してくれて、レクチャーまでしてくれます。「手ぶらで行けるサポート付き農園」というのがキャッチフレーズです。

筆者の実家には小さな畑があり、野菜を育てていたのですが、それは親がやっていたことで、筆者自身は畑仕事を手伝ったことはほとんどありません。子どもの頃は興味がなかったからですが、50歳を超えてくると、なぜか土いじりに興味が出てきます。しかし、何もわからないので、こういう有料のサポート付き農園に習いに行ってみるのもいいかな、ということで申し込んでみました。

貸し出してくれるのは畳一畳分程度の広さ。1mほどの長さの畝を二つです。それで月1万円以上するので、「狭いなあ」と正直思いました。が、やってみると耕すのはそれなりに体力がいるので、自分には2畝で十分でした。

初日にレクチャーを受け、作付けします。運営側で何を植えるかは決めてくれていて、今年の夏野菜は枝豆、モロヘイヤ、チンゲンサイ、キュウリ、ミニトマト、だそうです。モロヘイヤとチンゲンサイは、家ではあんまり食べないので、枝豆、キュウリ、ミニトマトを植えることにしました。おまけで、畝の隅っこに、バジルのタネも蒔いておきます。

畑を耕し、畝を立てるのは、小一時間でできましたが、普段運動をしていない自分には一仕事で、息が切れました。そしてマルチをかけ、子どもを連れてきて、タネを埋めてもらいます。子どもの農作業は最低限にして嫌いにならないようにして、種まきくらいはやってもらおう、という算段です。

その後、不織布をかぶせ、防虫ネットも立てます。キュウリやミニトマトは苗木を用意してくれていて、さらには支柱もセットです。こういうのが全部作業場に置いてあるので、確かにこれは助かります。市民農園を借りたら、何が必要かを自分で調べて、ホームセンターに買いに行かないといけないので、それだけで1日仕事になってしまいそうです。

できあがった畝は不格好で、サイズ不足ですが、まあいいか、という感じ。他の区画を見ても、上手な人もいれば、今ひとつの人もいて、それが家庭菜園だよな、と勝手にうなずきました。

そのうちまた、リポートします。


みんなで育てて、みんなで食べる【シェア畑】

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数