カブトムシ長者


かぶとむし

息子とセミ捕りに砧公園に行ったところ、捕れませんでした。セミなんて、自分が子どもの頃は簡単に捕れた気がしますが、あれは気のせいだったのかしら?

砧公園に関して言えば、木が高すぎて、低い位置にセミがいないのですね。セミ捕りは近所の公園の低木のほうがいい、ということを、この年齢になって理解しました。

収穫なくしょぼしょぼと家路につこうとしていると、水洗い場でカブトムシをカゴにたくさん入れているお兄さんを、息子が見つけました。

すげえ、とじろじろ眺める息子。

聞けば、家で飼っているカブトムシだそうで、どうやら繁殖させている様子。

息子があまりにもうらやましそうな顔をしていたら、「一匹あげようか?」と望外のお言葉をいただき、恐縮しながら頂戴しました。メスカブトムシです。



カブトムシを飼う予定はなかったのですが、いただいた以上、飼育グッズを整えねば。そのまま港北のコーナンへ足を伸ばして、「カブトムシ飼育セット」を購入。

飼育箱と、カブトムシ飼育用のマット、登り木、えさ台、バイオウォーターが揃ったものです。

自分が子どもの頃は、カゴにスイカの食べかすでも入れていただけですが、最近はカブトムシ一匹飼うだけでも、これだけきちんとしているのですね…。

ということで、メスのカブトムシを飼い始めたのですが、こうなると、オスが欲しくなるものです。



次の週末に伊豆に行き、ホテルの方にカブトムシの捕れそうな場所を聞くと、丁寧に教えてくださりました。

夜、そこに行くと、たしかになみなみと樹液の出ているクヌギの木を発見。しかし、空振りに終わりました。



翌朝、ホテルの方に捕れなかった旨を報告すると、なんと、帰り際に、そこで捕れたオスのカブトムシを一匹プレゼントしてくれました…。

なんというか、一匹も捕まえられていないのに、我が家には二匹のカブトムシが。

ということで、つがいが揃いました。

わらしべ長者、とはちょっとちがいますが、カブトムシ長者に。

子どもに優しい方が多いですね。

感謝。

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数