リステル猪苗代スキー場に行ってみた

ristel (1)

年末スキーとして、リステル猪苗代へ。

ここの長所は、アクセスに山道がないこと。磐越道の猪苗代インターから、ほとんど平地をはしるだけで、ゲレンデ隣接のホテルに到着します。スタッドレスは必要ですが、それ以上の重装備の心配はしなくていい、というのは気が楽です。

ゲレンデは広い緩斜面。リフトは子どもへのアシストが万全。中上級者はほとんどいないので、子どもが安心して練習できます。

ristel (6)

キッズパークにはスノーエスカレーターがあり、そり遊びも、スキーの練習もできます。

ristel (2)

エアチューブスライダーも楽しめます。これは子どもにはたまらないです。

ristel (3)

上部コースは、中級コースの「チャイニーズダウンヒル」が1本だけ。

ristel (4)

途中で枝分かれしていますが、バリエーションはあまりありません。上部は気持ちのいいダウンヒルです。

ristel (5)

上級コースとして「ダフィー」というモーグルコースがあるそうですが、訪れたときは閉まっていました。

全体的には、初級者とファミリー向けのスキー場です。従って、中上級者は少なく、上部コースは空いていて快適でした。リフト券も安く、ホテルがゲレンデ隣接なので、着替えもラクです。

アクセスに山道がないので、子どもの車酔いを心配する必要もなく、スキーシーズンに混雑しやすい関越道も通りません。

ということで、親子連れで来るには申し分のないスキー場でした。

関連記事

サイト内検索

おすすめ記事

ブログ村

アーカイブ

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
2位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数