小浜島に「遺跡」があった!(2009年八重山紀行9)

八重山諸島では、石垣、竹富、西表の3島が観光的に有名だが、4番目に挙げるとすれば、小浜島になる。八重山で唯一、大規模なリゾートホテルがあるのも、この小浜島である。

ということで、竹富島の観光が思ったより早く終わったので、小浜島に行ってみた。

港は小さく、離島感の強い島である。バスが停まっているが、それはリゾート客専用で、一般客は乗せてくれない。そのリゾートバスをのぞけば、ただの鄙びたターミナルであった。

1f2315c3.jpg

レンタカーの客引きのお姉さんが二人いる。そのうちの一人を選んで、ついていく。聞けば、彼女は、東京から来ているという。沖縄の観光客店で働いている人は、このように内地から来た人が多い。その理由は2つあって、まず地元の若者は島を出たがるので、雇用できる人が少ない。逆に、島に来たがる内地人の若者もいるので、雇用は内地人とマッチする。

また、内地人は、いい意味できっちりしているので、観光業に向くのだという。八重山の地元の人は、いい意味でおおらかであり、仕事も大雑把。観光業は内地の客を相手にするので、内地の感覚が重要である。そのため、内地人のほうが向いているので、従業員は内地からやってくる若者が多い。

かくして、内地からの観光客は、内地からきたアルバイトからレンタカーを借りて、観光することになる。

さて、小浜島には、さしたる観光地はない。「ちゅらさん」というテレビの舞台になったそうだが、興味のない人には関係がない。が、ひとつだけ、とても興味深いところがあった。破綻したリゾートの跡地である。

ここは、バブル期に開発され、その後複数回破綻したらしい。そのたびに経営者と名称が変わっているが、「コーラルリゾート」「キャロットリゾート」「別荘村サンゴ倶楽部」「小浜島ビーチリゾート」などと言われた。数年前まで実際に営業していて、いまでも、ネットでこの名前を検索すれば、リゾートの痕跡を知ることができる。

島の中心から細い道をたどっていき、北岸に下っていくと、そのリゾート地跡に着く。城壁にオレンジ色の屋根瓦は南欧風で、いっけんのどかなリゾート地だが、コテージには人気がない。ホテルの正面玄関のガラスは閉じられ、荒れ果てたロビーが見える。玄関前の噴水も止まったままだ。
b92a4397.jpg
c50cb36f.jpg

ホテルだけでなく、分譲も行われていたようであるが、多くは空室だ。ただ、いくつかのコテージには人の気配がする。2006年の八重山新報によると、まだ7戸がここで暮らしているらしい。廃墟だらけのリゾート地で暮らす気分はどんなものだろうか、と思うが、気持ち以前に不便だろう。
21d8a28d.jpg

リゾートの奥には、ビーチがある。小浜島のビーチはほとんどがプライベートビーチで、一般人が入れるのはここだけだそうだ。ここも本来はプライベートビーチなのだが、リゾートが破綻したおかげで、一般人が自由に入れる。しかし、ゴミが散乱していて、率直に言って気持ちいい砂浜ではない。何より北向きであるから、ビーチとしてはあまり優れてない気もする。
6cdbc548.jpg

プールもある。濁った水が、いまも円形を組み合わせた水槽を埋めている。ここからリゾートの建物を見上げると、その切なさに心を打たれる。これはひとつの遺跡である。このリゾートの栄華は短かっただろうが、たしかにここには一つの時代があったはずである。
3765aa7b.jpg

島の最高地点から、見下ろしてみる。小さな集落は、遠目には美しかった。
a5701d8f.jpg

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数