マレー鉄道のシンガポール駅、保存へ

マレー鉄道のシンガポール国内区間が、今年6月いっぱいで廃止されます。

マレー鉄道・西海岸線」で書きましたが、この路線の終点のシンガポール駅(タンジョン・パガー駅)は、植民地時代の面影を残す雰囲気のある駅舎です。




これが取り壊されてしまうのかと心配しておりましたが、マレーシアからの報道によると、駅舎はシンガポールの保存建築物に指定されて、保存が決定したそうです。

ただ、保存されるのは建物だけですから、内部がどうなるのか、今後一般公開されるのかなどはわかりません。いずれにしろ、「生きている駅」としての姿はもう少しで見納めです。ご興味のある方は、お早めにどうぞ。


(以下記事)
----------------------------------------------------------
マレー鉄道タンジョン・パガー駅、記念建造物に(アジアエックスニュース)

タンジョン・パガーにある英領マラヤ時代の遺産、マレー鉄道(KTM)終着駅の駅舎が国から記念建造物に指定された。ブキティマにある駅は保存建築物に指定された。

駅舎を運営しているのはKTM。昨年5月の両国首脳による会談で終着駅を7月1日までに、北部ウッドランズの検問所へ移転することが合意されている。

移転と平行して両国は土地交換でも合意した。マレーシア側はタンジョン・パガー、ブキティマ、クランジ、ウッドランズの土地をシンガポールに譲渡する見返りに、マリーナ・サウスなど中心部の土地6区画を与えられる。

都市再開発庁(URA)、記念建造物保存局(PMB)の共同発表によると、歴史的重要性を考慮し、シンガポールの遺産として保存する必要性から指定を決定した。

これまでに指定された記念建造物は63件で、セント・ジョセフ・インスティテューション(現シンガポール美術館)、セント・ジェームズ発電所(現同名の娯楽施設)などがある。

記念建造物の場合、形と正面は保存しなければならないが、内部は改装が認められる。保存指定建造物の場合、正面のみ保存が求められる。タンジョン・パガー駅とブキティマ駅跡地の利用方法は未定。

http://www.asiax.biz/news/2011/04/12-084938.php
-----------------------------------------------------------

関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数