ナイアガラ滝Niagara Falls(2011年アメリカ大陸横断鉄道旅行記28)

ナイアガラ滝のトランジットターミナルから、市内までは、「ピープルムーバ―」を使う。これで、Table Rock Pointまで行く。
ナイアガラ1

そこからIncline Railwayというミニケーブルカーに乗って、ホテル街へ。
ナイアガラ2

ガイドブックにでは、Incline RailwayはPeple Moverのチケットで乗れると書いてあったが、最近変更あって、乗車不可になっていた。仕方ないので別料金を払ったが、2.5ドル(カナダドル)もする。これはちょっと困った。気楽に乗れない。

ホテルに荷物を置いて、遊歩道を歩く。これががナイアガラ。
ナイアガラ3

上の写真に豆粒のように写っているのが、遊覧船「霧の乙女号」Maid of the Mistである。ナイアガラ名物らしいので乗ってみる。
ナイアガラ6

みなさん、レインコートを着る。滝が近づくにつれ、びしょぬれに。
ナイアガラ4

難民船のようである。

たかが遊覧船、と思っていたが、かなりの迫力。
ナイアガラ5

これはすごい。

滝、満喫。

降りてから、川沿いに滝の落下点Table Rock Pointへ。
ナイアガラ7

これがナイアガラ滝の落ちる瞬間の場所。
ナイアガラ8

かなりの迫力がある。

ただ、かつて見たことのあるイグアスの滝に比べれば、ナイアガラの滝は小さい。というかしょぼい。それほどの感動はなかったです。はい。

滝に突撃する霧の乙女号に、虹が架かる。美しさはナイアガラかな。
ナイアガラ9

ナイアガラは1泊だけで、観光も数時間ですませたが、それで十分だと思う。


夜、ホテルの窓から見た花火。
ナイアガラ10

煙だらけで、火事のようである。

安い花火は煙が多い、ということを聞いたことがあるが、そのせいか。それとも、打ち上げ技術が未熟なのか。


関連記事

書いている人


かまくら・じゅん
旅人。旅行総合研究所タビリス代表。日本と世界の世界遺産、鉄道、島などを取材中。→詳しいプロフィール

kamakurajunをフォローしましょう

カテゴリ

サイト内検索

おすすめ記事

月別アーカイブ

 

ブログ村

全ての記事を表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パパ育児
3位
アクセスランキングを見る>>

訪問者数